入園式で第一印象が悪くなってしまう振る舞い9パターン


幼稚園や保育園の入園式は、親子そろってドキドキするもの。特に母親として、自分が周囲にどんな印象を与えるのかは、これから園生活を送る上で重要なポイントになりそうです。そこで今回は、独自のアンケート結果を参考に「入園式で第一印象が悪くなってしまう振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】目が合っても知らんぷりする

    「こちらのあいさつを無視したママとは、絶対友だちになれないと思った」(30代女性)というように、初対面でボタンをかけ違えてしまうと、後々の関係にまで大きな影響を及ぼしそうです。積極的に声をかけるのが苦手でも、せめて目が合った人には感じよく会釈やあいさつをしたいものです。

  • 【2】並んでいる列に横から入る

    「大混雑している玄関で、『邪魔!』と子どもたちを押しのけて入るママにビックリ」(20代女性)というように、マナーを守らず身勝手な行動をとる人は、周囲に敬遠されても仕方ありません。これからじっくり付き合うことになる人たちが見ていると心得て、常識をわきまえた振る舞いを心がけましょう。

  • 【3】式の最中でも、私語をやめない

    「息子の晴れ姿を見守りたいのに、『下の子の予定は?』とか質問攻めにされてうんざり!」(30代女性)というように、場所をわきまえず話し続けると、周囲に「非常識な人」と烙印を押されそうです。早く親しいママ友を作りたくても、焦らず状況を見極めて話しかけないと、逆効果になってしまうでしょう。

  • 【4】自分の子を大声で怒る

    「『コラ、走るな!』って声を荒らげるママのほうが迷惑なんですけど…」(30代女性)というように、人前でわが子を叱り飛ばす姿も、度を過ぎるとはた迷惑になってしまいそうです。子どもをきちんとしつけるのは大切なことですが、場の状況に応じて対処しましょう。

  • 【5】とにかく愛想が悪い

    「私は不機嫌に見られがちな顔立ちなので、だいぶ親しくなったころにママ友から『はじめは怖い人と思った』と打ち明けられた」(20代女性)というように、自分では普通にしているつもりなのに、「近寄りがたい」と思われてしまうタイプの人もいるようです。入園式では意識して口角を上げ、できるだけ笑顔を心がけたほうがいいでしょう。

  • 【6】ほかの人のうわさ話をする

    「上の子が在園しているママ友同士で、『今年は地味な人が多いね』とか話しているのを聞いて、ゾッとした」(20代女性)というように、人のことをアレコレ言うのも印象が悪いものです。仲の良いママ友だけの集まりならまだしも、入園式の場で他人を批評すると「要注意人物」と警戒されかねないので、控えましょう。

  • 【7】「うちの子をよろしく」と先生に何度も念押しする

    「大きな菓子折りを渡そうとする親がいて、園長が困惑している現場を目撃した…」(30代女性)というように、園側に妙に取り入ろうとすると、「下心がみえみえ」と周囲に引かれるかもしれません。わが子をしっかりみてほしいという気持ちは当然ですが、あまり出過ぎた行動はしないほうが賢明でしょう。

  • 【8】さっそくクレームめいた発言をする

    「『あなた新任で大丈夫? 心配なんですけど!』とみんなの前で先生に詰め寄ったママに、あいた口がふさがらなかった」(30代女性)というように、初登園の日から理不尽な言葉を突きつけると、近寄りがたい人だと思われそうです。どうしても納得いかないことがあれば、あとで個人的に園側へ相談しましょう。

  • 【9】夫婦仲の悪さを隠そうとしない

    「けんか中なのか、すごく嫌な雰囲気で乱暴に言葉を交わす夫婦がいた」(20代女性)というように、子どもの晴れの日なのに、トゲトゲした態度で不穏な空気を漂わせるのは問題でしょう。もし家庭内でもめごとがあっても、式には気持ちを切り替えて臨みたいものです。

ほかにも、入園式で印象を悪くしてしまう振る舞いがあれば、教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock