新人が「この人についていきたい」と思う歓迎会での先輩OLのアクション9パターン


歓迎会に臨む新人たちは、「社会人の飲み会って、いったいどんな感じなんだろう」と不安でいっぱい。ここで素敵な振る舞いをしておけば、新人から慕われる先輩になれそうです。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、「新人が『この人についていきたい』と思う歓迎会での先輩OLのアクション」をご紹介します。

  • 【1】「退屈してない?」と新人の居心地の悪さを気遣う

    「積極的に話しかけてくれた先輩がいて、天使に見えました」(20代女性)のように、新人も一緒に楽しめるようにする心配りは好感度が高いようです。過去の話で盛り上がっている場合は、「前に、こういうことがあって」と新人にもわかるように説明してあげるといいでしょう。

  • 【2】「それ、セクハラですよ!」と上司の失言をたしなめる

    「恋愛話をしつこく聞かれて困っていたら、先輩が代わりに怒ってくれました」(20代女性)というように、新人が言えないことをピシャリと言ってあげるのも、よき先輩の務めのようです。「ああ見えて、まったく悪気はないのよ」などと、上司のフォローも忘れずにしておくと万全でしょう。

  • 【3】「飲めないなら、かわりに飲むよー!」と「飲め」指令を肩代わりす

    「お酒の弱い私をかばってくれた先輩は、今でも大好きです」(20代女性)と、飲みに対する無茶ぶりから守ってもらえて感動した、という声もありました。こっそりお茶を頼んで、「水割りのフリして飲んでればいいよ」と助言してあげてもよさそうです。

  • 【4】「次、何飲む?」と先々を見越してさりげなく場を仕切る

    「テキパキと動く先輩の姿に、『デキル女!』と感激」(20代女性)のように、周囲に気を配って行動する様子も新人を感心させるようです。お店のスタッフにも笑顔で感じよく接するようにすると、さらに素敵な先輩として認知されるでしょう。

  • 【5】「上座はここなのよ」と、新人にこっそりマナーを教える

    「座るときに席次についてレクチャーしてくれたことが、その後も役に立ってます」(20代女性)のように、飲みの席で必要な社会人としての常識を教えてあげるのもいいでしょう。「知ってると便利だよ」とみんなに聞こえないように説明すると、後輩に恥をかかせることもなさそうです。

  • 【6】「終電、何時? 時間がきたら遠慮なく帰っていいからね」と新人の退路を作る

    「帰るタイミングを作ってもらえたのが、今でも印象に残ってます」(20代女性)と、抜け出す口実を与えてあげる行為も後輩から感謝されるようです。場が盛り上がっている場合は、「私も一緒に出るから」と申し出て、「新人が一人で帰った」という事態を回避してあげるといいでしょう。

  • 【7】「はい、どうぞ」と手際よく料理をとりわける

    「お腹が空いていたので、食べられて嬉しかった!」(20代女性)のように、料理に手を出しづらい新人へのフォローも大切なようです。「グラスが空いている人の飲み物と一緒に、自分の食べたいものも注文しちゃっていいよ」と、スマートなオーダー術を伝授するのもいいかもしれません。

  • 【8】「飲み足りてないですね!」とウザい上司にお酒を勧めて、酔わせてしまう

    「説教を始めた課長に飲み比べを挑み、勝った先輩がいました」(20代女性)と、みんながウンザリしている上司をやっつけてしまうのも、飲み会ならではの素敵アクションです。とはいえ、飲み過ぎや飲ませ過ぎにならないよう、自分と相手の体調には配慮しながら楽しみましょう。

  • 【9】「大丈夫?」と飲み過ぎた新人を優しく介抱する

    「緊張していつもよりお酒が回っちゃって…。トイレまで付き添ってくれた先輩には頭が上がりません!」(20代女性)というように、新人の不測の事態に温かく付き合ってあげるのも高ポイントのようです。あまりに具合が悪そうならば、同じ方向の人に「一緒に帰ってくれる?」と頼んであげましょう。

ほかにも「新人時代の飲み会で、こんな先輩OLのアクションに救われた」というエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock