「私ばっかり振り回されて損!」と夫の転勤に不満を抱く瞬間9パターン


突然、夫に転勤の辞令…。動揺を抑えながら前向きに頑張ってみても、肝心の夫が自分の気持ちに寄り添ってくれるとは限りません。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『私ばっかり振り回されて損!』と夫の転勤に不満を抱く瞬間」をご紹介します。

  • 【1】「お前なんか、どうせパートだろ?」と、自分の立場を軽んじられたとき

    「『また探せばいーじゃん』の一言で済ませるなんて…」(30代女性)というように、「パートなら辞めるのはカンタン」と決めつける夫は少なくないようです。普段、自分の勤めについて語ったことがなくても、この機会に「接客業って初めてやったんだけど、勉強になるんだよ」などと、どれほど真剣に取り組んでいるのか、打ち明けてみるのもいいでしょう。

  • 【2】「すぐに慣れるさ」と、転校する子どもの気持ちに配慮がなかったとき

    「『子どもなんて、強いもんだよ』と知ったふうなこと言って」(30代女性)というように、妻に比べてわが子の学校生活を把握していない夫は、当人の不安を想像しにくいようです。夫に当事者意識を植え付けるためにも、転勤先の同僚に地域の子育て情報を聞いてもらうなど、子どもの新生活を整える役割を任せてしまいましょう。

  • 【3】「俺と仕事とどっちが大事だ」と、妻のキャリアに理解がなかったとき

    「『プロジェクトリーダーになったばかりで、私だって簡単に辞められない』と言うと、夫がキレた」(30代女性)というように、お互いの仕事へのこだわりを譲れない状況になると厄介です。冷静に話し合いを続けるためには、「あなたのお給料だけじゃやってけない」などと、男のプライドを傷つける言い方は避けましょう。

  • 【4】「仕事だから!」と、荷造りを手伝うそぶりがなかったとき

    「『引継ぎだからしょうがないだろ』って、本当に毎日残業なの?」(20代女性)というように、「何もかもおまかせ」状態の夫に苛立つこともあるでしょう。プロに頼んだり、実家に応援を要請するなど、負担を減らす方法を考えてみましょう。

  • 【5】「ママ友ぐらいすぐできるって」と、環境の変化を不安がっても耳を貸してくれなかったとき

    「『住めば都。考えすぎるな』って取り合ってくれない」(40代女性)というように、転勤先の仕事のことで頭がいっぱいの夫は、家族の生活にまで考えが及ばないこともありそうです。引っ越し前からケンカするより、「あなたに話すと安心するの」と上手に甘えて聞き役になってもらいましょう。

  • 【6】「はー、人気者で参ったぜ」と、送別会続きで、家のことを顧みなかったとき

    「どうせ転勤先でも歓迎会が続くんでしょ。新居を整えるのも私ひとり…」(30代女性)というように、毎日午前様の夫に「いい気なもんね」と腹を立てることもあるでしょう。夫に自覚を促すためには、「○日までに処分する本を仕分ける」などと「やること一覧」を紙に書いて突きつけるといいかもしれません。

  • 【7】「おふくろに電話しといたから」と、相談もなく義母に手伝いを頼んだとき

    「『かあさん来るってさ。感謝しろよ』って、最悪!」(30代女性)というように、妻が「姑の手伝い」を無条件に喜ぶものと信じている夫は多いようです。「業者さんに荷造りも頼んだから、断ったらキャンセル料必要よ。お義母さんも腰が悪いしね」と、姑が来るデメリットを並べて断りましょう。

  • 【8】「うーん…、まかせるよ」と何を相談しても生返事を繰り返されたとき

    「『どっちでもいい』には本当に困る…」(30代女性)というように、「新居をどうするか」など決めるべき事柄が目白押しなのに、優柔不断な夫にはイラッとさせられるでしょう。ある程度は自分で決断するほかなさそうですが、あとから「勝手に進めた」と文句を言われないためにも、適度な情報開示を忘れずに。

  • 【9】「一人で平気だから来なくていいよ」と、夫が単身赴任する気満々だったとき

    「『こっちのほうがお前の実家に近いだろう?』って…」(30代女性)というように、何の相談もなく、単身赴任を心に決める夫にも、面食らってしまいそうです。「家族が離れ離れになると、子どもへの影響が心配」などと、ときには本音をぶつけてみましょう。

ほかにも、「転勤するときの夫の言動に対する不満」があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(水谷仁美)
Photo:All images by iStock