「女性は家庭を守るべき」と仕事を持つことに難色を示す義母への無難な切り返し9パターン


「結婚後の働き方」については、夫婦によって考え方が異なるものですが、「妻は仕事を辞めるのが当然!」と決めつける義母から、価値観を強要されて困ったことのある人は少なくないようです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『女性は家庭を守るべき』と仕事を持つことに難色を示す義母への無難な切り返し」をご紹介します。

  • 【1】「おっしゃる通りですね」と、笑顔で受け流す

    「反論しても気まずいだけなので、ひとまずにこやかにうなずいておく」(20代女性)というように、形だけでも聞き入れたようにみせることで、義母を納得させる方法です。「いつ辞めるの?」と答えを急かされたら、「考えておきますね」などと言葉を濁して、その場をしのぎましょう。

  • 【2】「夫に相談してみます」と、一応受け止める

    「『私ひとりでは決められないので…』とかわす」(30代女性)というように、最後まで聞いたうえで、話を持ち帰ることにすれば、義母も追及しにくいでしょう。ただし、夫が義母の言いなりになるタイプの場合、自分の味方に付いてくれない恐れもあるので、状況を見極めましょう。

  • 【3】「働かずに済んだらいいですよね」と、理想と現実は違うことを伝える

    「『私も以前は専業主婦を夢見てたんです』と義母に理解を示す」(20代女性)というように、すすんで働きたいわけではないけれど、共稼ぎで家計を支えるのがベターだとやんわり伝えるのもよさそうです。「友人もみんな仕事を続けてるんですよ」などと、明るく世間の実態を話してみましょう。

  • 【4】「もちろん、家庭が第一ですよ」と、妻や母としての気概をアピールする

    「仕事についてはなるべく明かさない」(30代女性)というように、価値観の違う部分にふれることを避け、相手の関心事である「家庭」のことだけを無難に語るのもいいでしょう。「うちを守るために大切なことは?」などと質問して、熱心に話を聞いてあげると、義母も落ち着くかもしれません。

  • 【5】「お義母さんはご立派ですね」と相手の話にすり替える

    「『亭主関白なお義父さんの陰で、一家を支えてこられたんですものね』と感心してみせる」(30代女性)というように、義母の生き方に共感を示し、思い出話を引き出すのも手です。「おひとりで家庭を切り盛りなさるのは、大変だったでしょうね」と話をふると、義母の独演会にシフトできるかもしれません。

  • 【6】「こんなご時世ですから、将来のために備えないと…」と堅実な姿勢を示す

    「『年金もあてになりませんし、教育費だけは用意しておかないと…』と切実に訴える」(30代女性)というように、時代の先行きに不安をみせ、しっかりした嫁をアピールすることもできそうです。「住宅ローンや車の買い替えもありますし」と具体的な出費をあげると、義母も反論しにくいでしょう。

  • 【7】「ふたりで話し合って決めたんですよ」と夫も合意していることを明かす

    「『30年後のプランまで決めてありますから、ご安心ください』と、共稼ぎを前提に人生設計を組んでいることを説明」(20代女性)というように、夫婦が一枚岩であることを義母に告げるのもいいでしょう。「お義母さんにも応援していただけるとうれしいです」とお願いすれば、口出しできない雰囲気を作れそうです。

  • 【8】「家族に負担のかからない範囲で貢献したい」と謙虚な姿勢を見せる

    「『私の稼ぎなんてたいしたことないんですけど、塾代の足しになれば…』と、控えめに言う」(30代女性)というように、無理のない働き方で家族の役に立ちたいと主張するのもよさそうです。「夫の負担も減らしたい」とけなげな姿勢を見せれば、いい嫁として印象アップも狙えるかもしれません。

  • 【9】「仕事と家庭をきちんと両立します」と宣言する

    「『好きなことを続けさせていただいて、○○さん(夫)には感謝しています』と、低姿勢で切り抜ける」(30代女性)など、夫を立てつつ、「お義母さまは私の理想です」と義母を持ち上げてもいいでしょう。「もし家庭がおろそかになったら、きっぱり仕事を辞めます」と覚悟をみせれば、しぶしぶでも承諾してくれそうです。

ほかにも、女性が仕事を持つことに難色を示す義母へのうまい切り返しがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock