結婚報告をしたとき、独身のお局様に言われた嫌味なひと言9パターン


つい最近、彼氏と晴れて婚約。式の日取りも決まると、次にするべきは勤務先の上司や先輩、同僚への報告です。しかし、報告相手が30代独女の場合は少々覚悟が必要かもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者へのアンケートをもとに、「結婚報告をしたとき、独身のお局様に言われた嫌味なひと言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「へぇ、おめでとう」と、感情ゼロの棒読みで微笑まれた

    「あれが精一杯の先輩の好意だと思った」(20代女性)というように、後輩に先を越される先輩の気持ちを思えば、「おめでとう」と言ってもらえただけましかもしれません。「ありがとうございます。お忙しいところ失礼しました」と感謝の言葉を伝え、手短にその場から退散しましょう。

  • 【2】「子供でもできたの?」と、妊娠がきっかけの結婚かと問いただされた

    「デキ婚かどうか、知りたくてしょうがなかったらしい」(20代女性)というように、ミーハー心丸出しで、センシティブな内容に突っ込んでくる人もいます。あらぬ疑いをかけられ、社内の噂になるのを避けるためにも「子供はまだ考えてないです」と、明確に否定するのがベターでしょう。

  • 【3】「ついに墓場行き? ご愁傷様」と、まるで哀れむようなまなざしを向けられた

    結婚は墓場とでも思わなきゃ、やっていられなかったんでしょう」(20代女性)というように、先輩が自らに言い聞かせている言葉なのかもしれません。「そう聞きますよねー」と、適当に話を合わせておけば、先輩の気持ちも治まるでしょう。

  • 【4】「いくら稼いでる男なの?」と年収や職業などのスペックを根掘り葉掘り聞かれた

    「イマイチな男であることを期待していると感じた」(20代女性)というように、先輩が自身のプライドを守るための振る舞いといえるでしょう。「年収も詳しくは知らないんですよ。業界も全然違いますし」と、詳細は、伏せておくほうがよさそうです。

  • 【5】「彼のご両親、相手があなたでよく許してくれたわね」と、嫌味を言われた

    「表情が一変。いきなり牙をむかれた」(20代女性)というように、後輩に置いていかれた悔しさからつい口走ってしまったのかもしれません。「ボロが出て、破談にならないように気をつけます!」などと、冗談で返すのがいいかもしれません。

  • 【6】「値踏みしてあげるから婚約者に会わせてよ」としつこくされた

    「本当の目的は、彼の会社の人との合コンだったみたい」(20代女性)というように、後輩の結婚も自らの出会いにつなげようという、貪欲な振る舞いかもしれません。もしそうなら、「彼の職場、既婚者しかいないらしいので、合コンならできませんよ」と、物理的に出会いの場を提供できない旨を伝えるといいでしょう。

  • 【7】「本当に彼と結婚していいの?」といらぬアドバイスをされた

    「結婚できていない人に言われたくない!」(20代女性)というように、失礼な物言いに憤慨したという声もありました。30代まで独身だと、「結婚」についての知識だけは豊富な人も少なくありません。せっかくなので、自分が共感できるアドバイスは、積極的に聞き入れるといいかもしれません。

  • 【8】「この間離婚した友達は…」と離婚した友人のエピソードを延々と聞かされた

    「『何が言いたいの!?』と、深読みしちゃいました」(20代女性)というように、先輩の極めて不愉快な発言に不信感を持ったという意見もありました。先輩の言葉を真に受けず、「人の幸せを素直に喜べないなんて、かわいそうな人だな」と、サラリと流す余裕を持つといいでしょう。

  • 【9】「なんでもっと早く教えてくれなかったの!?」と怒りをあらわにされた

    「どんなことも、把握しておきたいみたい…」(20代女性)というように、部内の噂話に精通していたいお局様は、自身が後回しにされることに敏感なようです。責められたら「先輩には、自分の口で伝えたかったんです。タイミングが合わなくて、遅くなってすみません」と、むしろ先輩を大切に思っていたがゆえに、報告が遅くなったと伝えるのがよさそうです。

実際に受けたことのある対応はありましたか? また、上記以外にもされたことのある振る舞いがありましたら教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(大竹康予)
Photo:All images by iStock