子どもが男の子ばかりで「かわいそう」と言われたときの切り返し9パターン


かわいい男の子を二人、三人と出産したあなた。自分では幸せいっぱいのつもりなのに、ママ友から「男の子ばかりでかわいそう」という心ない発言を向けられたとしたら、どうリアクションするのが無難でしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「子どもが男の子ばかりで『かわいそう』と言われたときの切り返し9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「自分たちで勝手に遊んでくれるから楽」と同性だけだからこその利点を伝える

    「『戦隊ショーで全員満足してくれるから助かるよ!』と、手間のかからなさを主張」(30代女性)というように、子どもたちの興味が同じで扱いやすいことを説明するといいでしょう。「いつもつるんでいるから、大きくなってからも助け合ってくれそうだよ」と期待をのぞかせると、相手も同意してくれるかもしれません。

  • 【2】「毎日が逆ハーレム状態なの!」と自慢する

    「『メンズが私をめぐって争うなんて、やっと夢が叶ったよー』と、ここぞとばかりにのろける」(20代女性)というように、自分が紅一点ゆえに、家族全員からお姫様扱いしてもらえることを自慢するのもよさそうです。「みんなに平等に接するのが意外と大変で…」と大げさにため息をついてみせれば、二度と「かわいそう」と言われることはないでしょう。

  • 【3】「にぎやかで楽しいよ!」と幸せいっぱいに答える

    「『男の子は大ざっぱな私には合ってるみたい』と、貫禄たっぷりで言っちゃいます」(30代女性)というように、いつまでも子どもっぽくやんちゃな男の子の魅力を語るのもいいでしょう。「肝っ玉母さん」をさわやかに演じれば、「明るい家庭で羨ましいわ」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【4】「男の子は基本的にマザコンだから甘えてくれるよ」と笑顔で言い切る

    「『息子たちとデートするのが生きがいなの』と、ラブラブ全開で話す」(30代女性)というように、遠慮なく溺愛ぶりを表現して、相手を圧倒するのもひとつの手です。どうせなら、「どうぞご勝手に…」と相手が引くまで仲の良さをアピールしてしまいましょう。

  • 【5】「ダンナより頼りになって、心強いよ」と、将来への期待を匂わせる

    「『3人も守ってくれる子がいて、安泰だわー』と、余裕を見せます」(30代女性)というように、息子ならではの「頼もしさ」を強調してみるのもいいでしょう。小さいながらも荷物を持とうとしてくれたエピソードなどを具体的に話すと、説得力が増しそうです。

  • 【6】「男だけだから、おもちゃも洋服も使いまわせてラッキー」と経済効率の良さを主張する

    「『乗り物、恐竜、昆虫、ヒーローと、通る道は決まってるから無駄がないよ』と、コスパの高さを力説する」(30代女性)というように、客観的な見地から合理性を説くのもいいでしょう。単なる倹約志向で終わらせず、「物を大事に使って、シェアすることも教えられるよ」と、教育的効果もつけ足すとよさそうです。

  • 【7】「子どもなら性別関係なくかわいいから」と、正論で返す

    「『こればっかりは自然の摂理だからねぇ』と返したら、向こうも何も言えない」(20代女性)というように、どうにもならないことを持ち出す相手には大人の対応をするのが無難です。「生まれてきてくれただけで感謝だよ」と微笑むだけで、毎日が充実していることが十分伝わるでしょう。

  • 【8】「素敵な嫁を連れてきてもらって娘にするわ!」と別の楽しみに触れる

    「『姪がいるから、女の子にも不自由してないよ』と、余裕たっぷりで答える」(30代女性)というように、必ずしも自分で産まなくても、周りの女の子と楽しく関わっていることをわかってもらうのもいいでしょう。変に対抗しようとせず、「女の子も華やかでいいよね」と自然体で返すと、「強がり」ととられずに済みそうです。

  • 【9】「野球チーム作るんだ!」と自虐系ジョークで返す

    「『今度は女の子よ!』と、一応次もあると言っておく」(30代女性)というように、相手を笑わせて済ませるのもよさそうです。「うちの三男は意外と女子力高くって」などとニコニコしていれば、きれいに落ちがついて会話も終了、場も和むことでしょう。

ほかにも「男の子ばかりでかわいそう」という言葉へのうまい切り返しかたがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(深山玲)
Photo:All images by iStock