「こういうの得意だよね?」と仕事を押し付けてくる同僚のかわし方9パターン


最低限の仕事しかしたくない…。誰しもそう思うものです。一方、スキあらば同僚に仕事を押し付けることを狙っているヤカラもいます。しかし、それを引き受けてしまっては相手の思うツボというものです。そこで今回は、そんな「押し付け常習犯」の上手なかわし方を『オトメスゴレン』読者の声からご紹介します。

  • 【1】「○○さんから急ぎの仕事がくるって予告されてるの」と怖い先輩の名前を拝借し動揺を誘う

    「強敵を引き合いに出せばすぐ退散します」(20代女性)というように、厳しい先輩の影をチラつかせビビらせるパターンです。仮にそれが作り話だろうが「予定は未定」、後で勘ぐられたとしても言い訳が立ちやすいでしょう。また、もしそれで引き下がるようなら自分でこなす余力があると考えてよいでしょう。

  • 【2】「お互い忙しくて大変だよねぇ」と相手をねぎらいつつ自分も手一杯なことをアピール

    「一方的に『忙しいから!』って拒否すると角が立つので…」(20代女性)というように、まず、いたわる姿勢と書類の山を見せ、相手の良心を刺激することで「それなら、自分でやろう」と思わせる方法です。「お互い」を強調し連帯感を出すことで、相手も無理強いはしてこないでしょう。

  • 【3】「えっ、得意じゃない」と冗談っぽく即答

    「同僚だからこそ成せるワザ。笑いに変えてしまえばこっちのもの」(20代女性)というように、茶化していなす方法です。「あ、料理なら得意だけど」など、仕事と無関係な特技を披露し、さらに笑いを誘うと、場が和み拒絶感を感じさせないでしょう。

  • 【4】「あなたの代わりなんて私には務まらない」と謙遜し相手を持ち上げる

    「『できない』と否定をしないところがポイント」(30代女性)というように、おだててやる気を引き上げ、「自分がやる」と思い直させる方法です。「あなただから任された」ということを伝えれば、少なからず責任感がわき、押し付け欲求を抑えることになるかもしれません。

  • 【5】「私、手が空いてないから○○さんに相談してみる?」と上司の名前を出して牽制

    「こういう人ほど上司の評価を気にするから、これを言うと効果テキメン!」(30代女性)というように、ラクして成果を上げて、上司にほめられたい「ちゃっかりさん」に効果的なのがこのフレーズです。上司にさぼっているのを知られたくないがゆえ、すぐさま撤退するでしょう。

  • 【6】「いいよ。その代わりこっちを手伝ってくれない?」と交換条件を提示

    「こう言うと『なら、いいや』ってなる」(20代女性)というように、自分の仕事でさえしたくない人は、代わりに何かをする気など毛頭ありません。その心理をうまく利用した方法です。肯定することでイヤな印象を与えない効果もあるでしょう。

  • 【7】「引き受けてもいいけど、時間的に間に合わないと思う」と納期を盾にする

    「『遅れたらヤバいよね?』ってさらにプレッシャーをかける」(20代女性)というように、マイナス面を提示して「やめたほうがいいかな…」と尻込みさせる方法です。ヒマな素振りを見せると「なんだ時間あるじゃん!」と理不尽な怒りを買うので、資料探しにバタバタするなど、忙しそうに振る舞うとよいかもしれません。

  • 【8】「私よりも○○さんのほうが得意だよ」と矛先を他に向けさせる

    「頼んできた子と仲の良くない人をあえて指名」(20代女性)というように、頼みにいけない・いきたくないことを前提に、違う人に振る「身代わり作戦」です。ただし、人選ミスをすると身代わりになった人に迷惑をかけるので注意が必要です。日頃から部内の人間関係を把握しておくのが賢明でしょう。

  • 【9】「○○ホテルの高級ディナーおごってくれるならいいよ」と法外な見返り条件を吹っかけ押し付け心を萎えさせる

    「これを言うと、苦笑いしながら去っていく(笑)」(20代女性)というように、明らかにムリのある条件を提示して、相手を弱気にさせる方法です。「早くかたづけて飲みに行こう!」と励ましの一言を添えると、他人事な雰囲気が払拭されチームワークも高まるでしょう。

どのようにすれば、仕事を押し付けてくる同僚を上手くかわせるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock