飲み会続きの夫に「たまには早く帰ってきて!」とかわいらしく伝える一言9パターン


夫が飲み会に参加してばかりで、いつも帰宅が遅かったら、「もう!たまには早く帰ってきてよ!」とイライラが募ることでしょう。でも、ストレートに「怒り」をぶつけてしまったら、後味が悪いものです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「飲み会続きの夫に『たまには早く帰ってきて!』とかわいらしく伝える一言」をご紹介します。

  • 【1】「さみしいから早く帰ってきて」と素直な気持ちを伝える

    「さみしい」とはっきり口にして、気持ちをストレートに表現する方法です。不機嫌に言い放つのではなく真剣に訴えることで、夫が「さみしい気持ちにさせて申し訳ない」と行動を振り返るきっかけになるかもしれません。

  • 【2】「仕事の付き合いも大切だろうけど、ふたりで過ごす時間も作ってほしいな」と自分の存在をアピールする

    仕事への理解を示しつつ、「一緒に過ごしたい」と訴えるのも一つの手でしょう。「久しぶりに鍋でもしようよ!」などと具体的にプランを提案することで、夫のテンションも上がり、早く帰ろうという気になるかもしれません。

  • 【3】「もっと構ってよー」とすねた感じで伝える

    すねた態度で「構ってちゃん」を演じるパターンです。甘えモード全開で、夫の手を軽くひっぱりながら上目づかいで伝えれば、「かわいい妻!」とときめいてもらえるかもしれません。ただし、しつこくすると相手をうんざりさせる恐れがあるので、加減を考えましょう。

  • 【4】「一緒に寝たいな」とスイートな表現を使う

    「早く帰れば、一緒に寝られる」とわかりやすくインプットする方法です。愛する妻から「一緒に寝たい」なんて恥ずかしそうに言われたら、夫もその気になってくれそうです。とはいえ、不本意な付き合い酒に振り回されている場合、「俺だってそうしたいよ!」と逆切れされてしまう可能性があるので、見極めが肝心でしょう。

  • 【5】「さみしい…」と一言だけ伝える

    あえて「さみしい」と一言だけつぶやいてみるのもいいでしょう。いきなり核心に触れることにより、妻の本心を知り、「気づかなくてごめん。もっと早く帰るね」と返してくれるかもしれません。夫が謝ってくれたら「ありがとう!」とうれしさを素直に表現しましょう。

  • 【6】「あんまり遅いと、先に寝ちゃうからね!」とかわいらしく言う

    「あなたのことなんかもう知らない」とむくれてみせるパターンです。恩着せがましさをにじませることで、「今まで『僕のために』頑張って起きて待っていてくれたの?」と気付いてくれるかもしれません。自分の行動を振り返るのと同時に、妻への感謝の気持ちも生まれそうです。

  • 【7】「たまには一緒に晩ご飯を食べようよ」とさりげなくクギをさす

    「一緒に晩ご飯を食べよう」と誘ってみるのもいいでしょう。「そんなに一緒にご飯を食べてなかったかな?」と気付いてもらえるかもしれません。「そうだね」と相手が同意したら、「今度の木曜日は」と、その場で約束してしまいましょう。

  • 【8】「あなたの好きなものを作るから、早く帰ってきて」とお願いする

    夫の好きな料理を作ると提案するのも効果がありそうです。単純な夫なら、妻のけなげな姿勢に感激してくれるかもしれません。うれしそうな表情になったら、すかさず「ねえ、何が食べたい?」と聞き出せば、「早く帰れない」とは言い出せなくなりそうです。

  • 【9】「私も毎晩、飲みに行っちゃおう」と切り出し、相手の反応を見る

    「あなたが飲みに行くなら、私も…」という姿勢をチラリとみせて、夫が心配する気持ちをあおるパターンです。あくまでも冗談だとわかる調子で言わないと、ケンカの引き金になる可能性もあるので、しっかり演じ切りましょう。

ほかにも、飲み会続きの夫に「早く帰ってきて!」とかわいらしく伝えられる効果的なセリフがあれば教えてください。皆さんからのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock