新人OLの反抗的な態度に「どう注意したらいいのか」と困惑する瞬間9パターン


コピーを留める位置が違うなどの凡ミスは、新人にはよくあることです。それを注意するのも先輩の役目ですが、言い訳や文句を言う新人を前に「こんな時、態度をいさめる一言がサラリと言えたら…」と思う人も多いのでは? そこで今回は『オトメスゴレン』読者の「新人の態度にキレそうになった瞬間」アンケートから、キラリと光る切り返しトークをご紹介します。

  • 【1】「そんなの聞いてません」とシラを切られたとき

    「『ちゃんと説明したでしょ』と諭しても知らん顔。頭にくる」(20代女性)というように、水掛け論をしても感情が高ぶるだけです。こんな時は「わかったわ。今から言うからメモを取ってくれる?」と、次のミスを防ぐための行動を示唆すると、後輩も自分の態度を省みてくれるかもしれません。

  • 【2】「申し訳ありません」の一言が出ないとき

    「反省していないのかと、しつこく怒ってしまう」(30代女性)など、相手から謝罪の言葉がないと怒りが長引くのも当然。でも、注意されたら謝るという社会人の基本的なルールを知らない新人もいます。「こういう場合、まずは『申し訳ありません』。それで済むことだってあるのよ」と教えてあげましょう。

  • 【3】「○○さんがそうしろって言ったんです」とほかの人のせいにしたとき

    「自分が悪いんじゃないって顔が小憎らしい!」(20代女性)というように、責任転嫁をされて余計にムカムカした人も多いはず。でも新人の多くは「お前が悪い」と怒られるのを恐れて、言い逃れを言うものです。「誰が悪いとかじゃないの。次は気を付けてくれればいいのよ」と安心させてあげましょう。

  • 【4】タメイキをつかれたとき

    「バカにされてるとしか思えない」(30代女性)というように、指導中に憂鬱そうにされれば誰でも腹が立ちます。とはいえ「やってしまった…」などの後悔から無意識に出た可能性もあります。「タメイキは幸せが逃げちゃうぞ。さあ、気分を切り替えて」と引きずらせない言葉をかけてみるといいかもしれません。

  • 【5】嘘泣きされたとき

    「新人が泣けば私は悪者。『泣くな!』と怒鳴りたい」(20代女性)など、新人の涙は扱いが難しいもの。怒ったりなだめたりすれば、先輩である自分が不利になるだけです。「新人なら誰でもしそうなミスよ。泣くほどのことじゃないわ。さ、メイク直してきなさい」と、化粧室へ送り出しましょう。

  • 【6】「もういいですか?」と勝手に話を切り上げようとしたとき

    「なんでオマエが仕切るんだ!と言いそうになった」(30代女性)など、自己中な新人に手を焼く人も大勢いるようです。こんな時は「時間をとってしまってごめんね」とあえて優しくして相手の気を削ぎましょう。そして「でも大事なことだから聞いてくれる?」と畳み掛ければ耳を傾けてくれるかもしれません。

  • 【7】手先をいじったり髪を触ったりして落ち着きがないとき

    「ソワソワされると『聞いてる?』と何度も確かめたくなる」(20代女性)など、目障りな仕草にイライラさせられた人もいます。でも、無意識の手癖を「やめなさい」と叱るのは相手を萎縮させるだけ。まずはミスを理解させてから「話を聞く時は、両手を体の前で重ねるのがマナーよ」と言ってあげましょう。

  • 【8】「あ、やっちゃいました?」と茶化されたとき

    「大したことないじゃん、と思ってるのがミエミエ」(20代女性)など、あまりにも軽い返答にムッとした人も多いようです。それでも、新人の仕事への責任感を育てるのも先輩の役目。相手のペースに乗らず、きちんと向き合って「このミスひとつでほかの人に迷惑をかけることもあるのよ」と真剣に注意しましょう。

  • 【9】「はーい、ごめんなさーい」とふてぶてしい態度で返事をされたとき

    「『何よ、その言い方は!』と言いたい気持ちを抑えるのに必死」(30代女性)というように、新人の誠意のない言葉にムカつく人も。こんな時は「会社では『申し訳ありません』を使うのよ」と間違いを正しつつ、「言葉遣いで損をするのはもったいないでしょ?」と先輩らしく余裕のある笑顔で言ってあげましょう。

ミスを注意した時に思わずキレそうになった新人の態度と、その場合の対処法には、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(松谷あさ子)
Photo:All images by iStock