男性同僚が「力になってあげたい!」と思うお仕事手伝ってトーク9パターン


大切な用がある日に限って、定時間際に仕事がドサッと降ってくる…という状況、ありますよね。そんな時、持つべきものは頼れる男子の同僚くん! 『オトメスゴレン』読者のアンケート結果から、男性同僚が「力になってあげたい!」と思うお仕事手伝ってトークをご紹介します。参考にしてみてください。

  • 【1】「次何かあったときは、私が協力する!」とバーターを約束する

    「結局は、やってもらう回数は圧倒的に私のほうが多いですけどね」(20代女性)というように、男子は仲の良い女子の頼みを断りにくいもの。仕事を手伝う回数が少ない分、恋の相談にのってあげるなど、トータルでいいバーター関係を築くことができると、後々長く手伝ってもらえるでしょう。

  • 【2】「仕事の速い人じゃないとお願いできないから」とまず相手を褒める

    「しょうがないなーと言いつつ、嬉しそうに引き受けてくれます」(20代女性)というように、女子に仕事が速いと言われて、嫌な男子は少ないようです。実際、仕事の速い人に手伝ってもらわないと、定時退社できなくなる可能性もあるので、人選には気をつけたいところです。

  • 【3】「友だちにあなた好みのコがいるの、近々食事に誘うから」と女子ネタで釣る

    「彼女のいない男子は、コレでだいたいOK。たまにアテがないのに言ってしまいます(笑)」(20代女性)というように、いまどきの自分で求愛アクションを起こせない男子には願ったり叶ったりでしょう。ただアテもないのに同僚くんをこき使うのは、後々面倒が起こる可能性もあるので、控えたほうが良さそうです。学生時代の友人ネットワークも駆使して同僚くんに合いそうな女子を探しましょう。

  • 【4】「昨夜親友が泣きながら電話してきて…心配だから会いたいの」と友情を語る

    「意外そうな顔で私を見て、いいよ、と言ってくれました」(20代女性)という例もあるように、女同士の友情は男子には理解しにくいもの。実はこの子、友だち思いなんだと、ギャップを感じてくれたのかもしれません。こうした言い訳を使うときは、後のシナリオも用意しておきましょう。

  • 【5】「部活の先輩の送別会で、絶対遅刻できないの」と実は体育会系であることをさらす

    「体育会系のサークルで、いまでも後輩の遅刻は厳禁。あるとき体育会出身の同僚に相談したら、助けてくれました」(20代女性)というように、バックグラウンドをすぐ理解してくれる同僚くんがいると安心です。逆に仕事の相談を受けたときは、フェアプレイで応えてあげましょう。

  • 【6】「付き合いで異業種交流会に行くんだけど○○社の人も来るらしいから紹介するね」と仕事のプラスになる可能性をほのめかす

    「タイミングよく同僚がその会社の担当になったばかり。名刺をゲットして渡しました」(20代女性)ということも。お願いトークの種は、どこに落ちているか分かりません。異業種交流会では参加メンバー、社内では同僚の担当クライアントなど、忘れないでおくと使えることもありそうです。

  • 【7】「実は母親が上京してきていて、家で待ってるの」と家族を持ち出す

    「同僚くんが、お母さんをひとりで待たせちゃ可哀そうだよね、と。ありがたいけどマザコンなのかな…」(20代女性)というように、家族、特に母親ネタは効くようです。マザコンくんは女性に優しいもの。付き合ったり結婚しない限り害はないので、見守りましょう。

  • 【8】「姉と会うんだけど、旦那が浮気してるみたいで」と家族の悩みを打ち明ける

    「姉と会う約束はしてたんですけど、ちょっと盛ったら、効き目バツグンでした」(20代女性)というように、身内の深刻な悩みを告白されると、聞いたほうも後に引けません。ただ調子に乗ってドラマティックに盛りすぎると、後日談を期待されてしまうので、ほどほどが無難です。

  • 【9】「ごめん、急な生理痛で、ひどくて」と申し訳ないけど生理のせいにする

    「恥ずかしかったのですが、どうしても辛かったので正直に言いました」(20代女性)ということもあるでしょう。これも男子には理解しづらいですが、痛みを我慢して出社したけど、残業まではちょっときつい…というのは、素で言えば伝わるもの。彼が紳士的な男性なら、きっとかばってくれるでしょう。

お願い私のお仕事手伝って!トーク、みなさんはどんな手を使っていますか? ご意見、ご感想をお待ちしています!(永田知子)
Photo:All images by iStock