義母から「好みじゃない服」をすすめられたときの切り抜け方9パターン


義母から「この服、あなたにいいわよ!」とすすめられた服が、自分の趣味に全く合わなかったら、相手の気分を害さずにうまく断りたいものです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「義母から『好みじゃない服』をすすめられたときの切り抜け方」をご紹介します。

  • 【1】「いいですね。でも、私はこっちが気になっているんです」とほかに目を向けさせる

    「素敵な服ですね! でも、これのほうが私らしい気がします」(20代女性)というように、義母のおすすめを肯定しつつ、ほかの服に話を移すパターンです。「さすがセンスがいいですね」など、まず義母をしっかり立てておけば、こちらの話にも耳を傾けてくれそうです。

  • 【2】「私よりお義母さんに似合いますよ」と逆に勧める

    選んだ服は義母自身も好みである可能性が高いので、「わあ、お義母さんにぴったりですね」(30代女性)と反対にすすめてしまうのもいいでしょう。「とってもいい感じですよ!」と大げさに褒めて、矛先を完全に変えてしまいましょう。

  • 【3】「こんな服は好きだけど、私には似合わなくって」としょんぼりして見せる

    「肌が黄色っぽいので、こういう色を着るとくすんで見えちゃうんですよね」(20代女性)などと残念そうに答える手もあります。「似合うと思うわよ」と返されたら、「そう言ってくださるのはお義母さんだけです」と笑ってごまかしましょう。

  • 【4】「私にはうまく着こなせないかも」と自分を下げる

    「自信がなくって」(20代女性)など、自分を卑下することで切り抜ける方法です。ぽっちゃりした人なら「太って見えそうで」、背が低い人なら「背の低さが強調されるかも」など、懸念点を具体的に説明すると、納得してもらえそうです。

  • 【5】「私にはもったいなくて。もっと安いのにします」と値段を理由にする

    「自分の服に1万円も出せませんよ!」(20代女性)と値段の高さを理由にしてしまえば、義母もそれ以上、深追いできないかもしれません。万が一「じゃあ、私が買ってあげる」と言われたら、「この服に見合う女性になったら、ぜひ」とにこやかに遠慮しましょう。

  • 【6】「同じような服を持ってるんです」と遠回しに断る

    「似た感じの服を買ったばかりで」(20代女性)というように、すでに持っていることを理由にすれば、義母もすんなり引き下がってくれそうです。その上で、「いまはこんなのを探してて…」とさりげなく伝えておくと、義母に好みを覚えてもらえそうです。

  • 【7】「今度チャレンジしてみようかな」と受け流す

    「こういう服にも、そのうち挑戦してみますね」(20代女性)というように、自分のツボではないことを暗に伝えながらも、相手の意見を聞き入れたように思わせる一言です。「もっとやせたら」などと条件を付けると、さらりとかわせるかもしれません。

  • 【8】「私、二の腕が太いから他人から見ると滑稽らしくて」とほかの人の口を借りる

    「『あなたにパフスリーブは無理』って言われたことがあるんです」(20代女性)など、第三者の意見を持ち出す手もあります。「確かに自分でもそう思うんです」と強調すれば、それ以上はすすめにくい雰囲気になるでしょう。

  • 【9】「そうですね。お義母さんはどんな服がお好きなんですか?」と話題を変える

    「かわいいですね。ところで、お義母さんはどんな服がお好みですか?」(30代女性)というように、おすすめについてあっさり流し、相手に話をふる方法です。「華やかな赤がお似合い」などとうまく乗せてあげると、盛り上がりそうです。

ほかにも、角の立たない断り方があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock