付き合いはじめた頃のドキドキを忘れないための心がけ9パターン


クーポンマガジン「ホットペッパー」の連載企画『ひみつの女子会』が、約1,200名の女性に「これまでで一番夢中になった恋愛」についてアンケートを行ったところ、多くの女性が「初めて付き合った人との恋愛」などの新鮮な恋愛と回答しました。ですが、努力次第で新鮮な恋愛は続けられるものなのかもしれません。そこで今回は「付き合いはじめた頃のドキドキを忘れないための心がけ」をオトメスゴレンの読者と一緒に考えてみました。

  • 【1】記念日に二人が出会った場所に行く。

    「出会った頃を思い出すのが大切」(20代女性)のように、初心に帰るために思い出の地に行くという女性がいます。二人が付き合いはじめた日など、記念日のイベントにすれば、新鮮な気持ちを持続できそうです。

  • 【2】付き合ったばかりの頃のメールをときどき読み返す。

    「読み返すとドキドキが蘇る」(10代女性)のように、付き合ったばかりのメールのやり取りを振り返るという女性もいます。嬉しかったメールやドキドキしたメールは、後で読み返せるように大切に保管しておくようにしましょう。

  • 【3】すっぴんや下着姿を見せることを恥ずかしがる。

    「恋人同士としてのエチケットだと思う」(20代女性)のように、すっぴんや下着姿を極力見せないという女性もいます。彼氏に気持ちの緩みを見せなければ、二人の間にいい意味での緊張感が生まれそうです。

  • 【4】「子どもの前だとこんな顔するんだ!」など、相手のいいところを発見し続ける。

    「彼氏の『新発見』をたくさんする」(20代女性)のように、彼氏のいいところを見つけ続けるという女性もいます。普段と違う場所に行ってデートしたりすれば、その分新しい発見も増えそうです。

  • 【5】ときには高級レストランなど、オシャレをして出かける場所でデートをする。

    「オシャレをすることでお互いの緊張感を保つ」(20代女性)のように、オシャレをして出かけることで、気を引き締めるという女性もいます。たまには高級レストランなど、少し気合いを入れて出かけるところでデートするのもいいかもしれません。

  • 【6】旅先で彼氏が喜びそうなお土産を買うなど、小さなプレゼントをたくさんする。

    「プチサプライズが大切」(20代女性)のように、ときどき彼が喜びそうなものを買うなど、小さなプレゼントがドキドキを保つ秘訣という女性もいます。記念日でも何でもない日に渡すと、サプライズ感が高まってよさそうです。

  • 【7】二人の時間を大切にするために、あえて会わない時間をつくる。

    「いつも一緒だからダレる」(20代女性)のように、会えない時間を作ると新鮮な気持ちを保ちやすいという女性もいます。仕事や習い事など、恋愛以外で自分を磨く時間をつくるといいかもしれません。

  • 【8】「やっぱりカッコいいね」など、あらためて彼氏を褒める。

    「異性として褒め合うのも大切」(20代女性)のように、ときどき彼氏を褒めるという女性もいます。気分をよくした彼氏が「かわいいよ」と褒め返すなどのいい循環が生まれた結果、二人が出会った頃のドキドキを取り戻せるかもしれません。

  • 【9】たまには、彼氏を見つめながら「好きだよ」と伝える。

    「付き合ってからは言わなくなっちゃうから」(20代女性)のように、あらためて「好きだよ」と伝えるという女性もいます。彼氏を見つめながら気持ちを込めて言えば、付き合いはじめたころの記憶が鮮明に蘇るかもしれません。

他にはどんな「付き合いはじめた頃のドキドキを忘れないための心がけ」があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock