「冷静になるべきだった…」と後悔している過去の恋愛9パターン


気持ちが高ぶるとつい勢いで行動してしまうものですが、後悔するケースも多いようです。では、恋愛においてどのような行動が後悔につながりやすいのでしょうか。そこで今回は、「『冷静になるべきだった…』と後悔している過去の恋愛」をご紹介します。

  • 【1】好きになってすぐに告白して付き合ったものの、相手の性格に違和感を覚えてあっという間に別れた。

    「最初の印象と違って、全然いい人ではなかった」(10代女性)など、相手をよく知る前に付き合い始めて後悔する女性は多いようです。付き合ってから態度の変わる男性もいますが、付き合う前には何度かデートを重ね、言動を観察することが大切でしょう。

  • 【2】イベントなどで意気投合した男性と勢いで付き合ったが、後でだらしなさに気づいた。

    「イベントでは輝いて見えたのに…。普段を知らないとダメですね」(20代女性)といったように、いくら第一印象が良くても、普段の人間性を知らないと後悔につながるケースが多いようです。第一印象がよく見えても、勢いに任せ過ぎないよう注意が必要でしょう。

  • 【3】彼氏がいない寂しさから好きでもない男性と付き合ったが、結局好きになれずに別れた。

    「そのせいで本当に好きな人と付き合う機会を逃したこともある」(30代女性)といったように、安易に男性と付き合うとせっかくのチャンスを逃すこともあるようです。「好きな人がどう思うだろう」という意識を持つことは、冷静になるためのヒントと言えるでしょう。

  • 【4】友達の忠告を無視して、評判の良くない男性と付き合ったものの、やはり相手のわがままな性格に振り回された。

    「男友達の忠告を聞き流したけど、言われた通りの自己中男だった」(10代女性)など、自分の気持ちを尊重しても、結局忠告を無視したことがあだになってしまうようです。特に同性の評価には甘い傾向がある男性がわざわざ忠告してくれるような場合は、耳を傾けたほうがいいでしょう。

  • 【5】優しくてマメなイケメンを好きになったら、いいように遊ばれてしまった。

    「誰にでも優しくてマメなので、他にも女がたくさんいました…」(30代女性)など、プラスの要素が多くても、一人だけに向ける男性と思い込むのは早とちりのようです。あまりに女性慣れした男性に出会ったら、まずは周囲の評判を探ってみるのもいいでしょう。

  • 【6】「今はダメなところがあるけど、きっと変わるはず」と思い込んで付き合ったが、全然変わらなかった。

    「いろいろと作戦を考えてみたりもしたけど、無駄でした」(20代女性)といったように、自分なら変えられるという自信があっても、なかなかうまくいかない場合もあるようです。愛せないようなダメさを持っている男性には、過度の期待はしないほうがいいでしょう。

  • 【7】別れてくれるのを待ちながら、彼女がいる男性と付き合っていたが、ずっと都合のいい女のままだった。

    「よくある話ですが、自分だけは違うと思ってしまうんですよね」(20代女性)など、自分は特別視されていると思い込んでいると後悔することもあるようです。彼女がいる男性とは付き合わないことが大前提ですが、結果的にそうならないためにも、まずはきちんと相手の女性関係を確認し、疑わしい点を見逃さないことが大切でしょう。

  • 【8】安定した彼氏との関係を物足りなく感じて浮気してしまったが、それがもとで別れることになった。

    「後になって彼の大事さに気づいても遅かったです」(10代女性)など、一時の気の迷いが深い後悔につながるようです。その時は自分にとって正しい選択だと思ったとしても、浮気相手にもやがて物足りなさを感じる時が来る可能性があることを考える必要があるでしょう。

  • 【9】ケンカの勢いで別れを口にしてしまったが、別れてからそれほどのケンカではなかったと落ち込んだ。

    「ちゃんと話し合えば解決できたと思う」(20代女性)など、その場の感情に任せた言動を後悔する女性も多いようです。とはいえ、ケンカの最中に冷静になるのもむずかしいので、まずは距離を置くことを選択し、安易に「別れ」を口にしないことが重要でしょう。

皆さんにも「冷静になるべきだった…」と後悔している過去の恋愛はあるのでしょうか。ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock