しつこく連絡先の交換を要求されたとき、上手に断る一言9パターン


歓迎会や合コンで初めて会った男性に、しつこく連絡先を聞かれて困った! なんて経験がある人も多いはず。スマートに断る方法があれば知りたいもの。そこで、『オトメスゴレン』女性読者の声を参考に、「しつこく連絡先の交換を要求されたとき、上手に断る一言」を紹介します。

  • 【1】「ケータイ、家に忘れてきちゃって」と、番号を控えていないことを伝える。

    「自然と『じゃあ、また今度教えてね』って流れになる」(20代女性)などの意見から、この一言を使っている女性は多いようです。ただし、ケータイを使っているところをその男性に見られないよう、注意しましょう。

  • 【2】「他の人と連絡すると彼氏が嫌がるから」と、彼氏の存在をほのめかす。

    「さすがに彼氏がいるって分かれば、引き下がる」(20代女性)というように、彼氏の存在をほのめかすことで、断ろうとする女性も多いようです。彼氏がいない場合は、「好きな人に勘違いされちゃうから」などの一言でもいいでしょう。

  • 【3】「後でこっちから連絡するね」と、相手の連絡先を教えてもらい、交換はしない。

    「『後で私のアドレス送るから』って教えてもらって、そのまま」(20代女性)というように、男性に期待させつつ、交換を回避できる一言といえそうです。「電池切れそうだから、帰ったら送る」などの理由があると、効果が高まりそうです。

  • 【4】「今度ケータイ変えるから、そしたら教えるね」と、事情を話してかわす。

    「『待ってるね』ってひとまず諦めてくれるし、ケータイの機種の話に移行できる」(20代女性)という意見から、断るだけでなく、さりげなく話題自体を変える効果も期待できる一言といえそうです。

  • 【5】「メール苦手だから、交換しても意味ないと思う」と、その気がないことを伝える。

    「『そうなんだ…』って驚きつつ、諦めてくれた」(10代女性)という経験談もあるように、交換しても連絡しないと告げることで、諦めてもらう一言といえそうです。この一言を使った後は、その場で自分から他の人に連絡先を教えたりはしないほうがいいでしょう。

  • 【6】「会社のケータイしか持ってないんだ」と、私用のケータイがないことを理由に断る。

    「『今どき珍しいね…』ってドン引きされるけど、効果あり!」(30代女性)のように、世間知らずっぽく振る舞い、諦めてもらう女性もいるようです。ケータイ2個持ちの場合は、2個持っていることを悟られないようにしましょう。

  • 【7】「また今度会えたら教えてあげるね」と、次を期待させる発言をする。

    「次の楽しみもあるからって諦めてくれる」(30代女性)という意見から、断りながらもワクワクさせることで、期待感を残しつつ断れる一言といえそうです。本当に交換したくない場合は、「また今度」がないように注意しましょう。

  • 【8】「まだあなたのことよく知らないから、知ってからね」と、はぐらかす。

    「『じゃあ話そう!』って男性のテンションも上がるし、うやむやにできる」(20代女性)などの意見から、連絡先を交換しないにもかかわらず、男性をキュンとさせる可能性がある一言といえそうです。

  • 【9】「しつこい男性って好きじゃないな」と、嫌なことをはっきり伝える。

    ストレートにその気がないことを告げる女性もいます。「『ごめんね』って謝りつつ、諦めてくれた」(10代女性)というように、直球のほうが伝わりやすい場合もありそうです。あまりにも男性がしつこい場合は、最後の手段として使えるでしょう。

ほかにも、男性から「しつこく連絡先の交換を要求されたとき、上手に断る一言」にはどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock