彼女から言われてトラウマになるほど傷ついた一言9パターン


たとえ恋人同士のささいな言い争いだとしても、感情任せな言葉を発すると相手をいたずらに傷つけてしまう恐れがあります。心ない一言が男性にとって心の致命傷となり、二度と関係を修復できないばかりか、「あの女は最悪だ」と周囲に悪口を流されることも…。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「彼女から言われてトラウマになるほど傷ついた一言9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「最初からそんなに好きじゃなかったし」と、交際期間を全否定する。

    「二人で過ごした時間はすべて偽りだったのか!?」(20代男性)と、相手にショックを与えるリスクがあります。「今はあなたが好きじゃない」と現在の気持ちだけに留めるなど、過去の感情をむしかえすのは避けた方が良いでしょう。

  • 【2】「じつは○○君と浮気した」と友達の名前を上げる。

    「愛情も友情も信じられなくなる」(10代男性)と、「友達との浮気」を告げられることで人間不信におちいることがあるようです。せめて相手の名前はふせるなど、どうしても伝えたいのであれば言われる側の気持ちを最大限に配慮しましょう。

  • 【3】「背が小さいからムリ!」と元も子もないことを批判する。

    「どうしようもないことを言われても…」(20代男性)と、男性を困惑させる攻撃力があるようです。背が低いこと自体を否定するよりも、たとえば「猫背だと小さく見えちゃうよ」「胸を張った方がかっこいいよ」など姿勢を直すためのアドバイスの方が前向きに受け取ってもらえるでしょう。

  • 【4】「あなたの子供はほしくない」と存在を全面的に拒否する。

    「人としての価値を全否定された気分」(20代男性)など、男性が生きる意味を見失う恐れがあります。ひとまず「結婚したくない」と遠回しに伝えておき、「あなたの子供はほしくない」などと言わないようにしたいところです。

  • 【5】「近くで見ると気持ち悪いね」と外見をストレートに非難される。

    「忘れられない一言になる」(10代男性)と、強いコンプレックスを植えつけてしまうことがあるようです。「気持ち悪い」「ブサイク」などの批判よりも、「髪形を変えるとカワイクなるのに!」など、具体的な改善策を提案すると良いでしょう。

  • 【6】「もう疲れた…」と相手を突き放す。

    「投げやりな感じがして傷つく」(20代男性)など、見捨てられた感覚になるようです。相手を突き放すのではなく、「もう疲れたよね?」と会話のキャッチボールになるような疑問を投げかけてみてはいかがでしょうか。

  • 【7】「あなたより元カレの方が好きだ」と過去の男を引き合いに出す。

    「過去の男と比べるのは反則な気がする」(20代男性)と、ひどいと思われる可能性があるようです。「もっと優しくして」「男らしくして」と言うなど、過去の彼氏と直接比べるような言い方は避けた方が良いでしょう。

  • 【8】「あなたの母親が大嫌いなの」と家族のことを批判する。

    「家族批判をされたら、相手のことが大嫌いになる」(20代男性)と、誰も得をしない失言になる可能性があります。「あなたのお母さん、少し怖いかも」など、遠回しに伝えた方が良いかもしれません。

  • 【9】「あなたには将来性がない」と社会人としての可能性を否定される。

    「生きる自信がなくなる」(20代男性)など、男性を打ちのめしてしまう可能性があります。「私も頑張るからあなたも頑張って!」「私も手伝うよ!」と言うなど、前向きに努力できるような言い方を心がけましょう。

男性が彼女に言われてトラウマになるほど傷ついた一言には、他にどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock