彼氏が「本当は俺のこと嫌いなの?」と聞きたくなる瞬間9パターン


大雑把に見える男性でも彼女の言動に敏感に反応し、不安を覚えることもあるようです。では、彼女のどうような言動が彼氏に不安を与えてしまうのでしょうか。そこで今回は、「彼氏が『本当は俺のこと嫌いなの?』と聞きたくなる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】連絡しても、返信がなかなか来ないとき

    「大切だと思われていない気がする」(20代男性)といったように、連絡に対する反応の悪さは、彼氏に不満や不安を感じさせてしまうようです。特にそうした状態が続くようになると、彼氏もイヤでも意識してしまうので注意が必要でしょう。

  • 【2】デート中、メールや電話で他の人と頻繁に連絡しているとき

    「一緒にいても楽しくないのかと思う」(20代男性)といったように、二人でいる時間にケータイばかりいじっていると、デートに興味がないと感じられてしまうようです。連絡をとる必要がある場合は、一度彼氏にことわったほうがいいでしょう。

  • 【3】二人のときよりも、他の人といるほうが楽しそうに見えるとき

    「他の人と笑っている彼女を見ていると寂しくなる」(10代男性)といったように、他の人とはしゃぐ彼女の姿を見て、自分の存在意義を問う男性は少なくないようです。「大きな安心感がある」など、彼氏ならではの魅力を伝えることも大切でしょう。

  • 【4】休みの日に女友達と会う予定を優先させるとき

    「徐々に友達優先の割合が増えると、『気持ちが冷めているな』と思う」(20代男性)など、時間の使い方で自分に対する想いを測る男性も多いようです。「最近○○が落ち込んでいるから励ましたい」など、優先する理由の明確な説明があれば、彼氏も納得しやすいでしょう。

  • 【5】何かにつけて男友達と比較されるとき

    「不満というよりイヤミをぶつけられている感じがする」(30代男性)など、彼女の男友達と比較されることに釈然としない男性は多いようです。彼氏に対して不満がある場合でも、他人との比較はせずに直接その問題について話したほうがいいでしょう。

  • 【6】知人や友人について、「かっこいい」などと褒めまくるとき

    「どうリアクションしていいかわからない」(20代男性)など、知人を持ち上げる彼女に対し、多くの男性は気分を害するようです。彼氏を触発したい場合でも、逆効果になる可能性が高いので注意しましょう。

  • 【7】合コンや飲み会にちょくちょく出席していると知ったとき

    「付き合いでも、黙って参加していたことがわかると複雑」(20代男性)など、彼女が自分の知らないところで出会いの場に参加していたことにショックを受ける男性は多いようです。やましいことがないのなら、事前に話したほうが火種を生まずに済むでしょう。

  • 【8】他の男性と二人きりで会っていたことを知ったとき

    「同じ日に約束をしていなくても、自分よりも他の男性を選んだと考えてしまう」(20代男性)といったように、他の男性と二人きりで会うことは、彼氏に嫌悪感や嫉妬を覚えさせてしまうようです。恋愛感情の有無にかかわらず、気軽に彼氏以外の男性と二人で会う行為は避けたほうが無難でしょう。

  • 【9】元カレに対して未練がましい気持ちを引きずっていると知ったとき

    「敗北感を覚える。『俺はそいつの代わりなの?』って思う」(20代男性)といったように、元カレへの想いがバレると、彼氏の信頼を失う恐れが高いようです。話題に出すことはもちろん、メールやSNSのチェックなどに関しても注意が必要です。

他にも彼氏が「本当は俺のこと嫌いなの?」と聞きたくなるような瞬間はあるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock