男性がキュンとするキスのねだり方9パターン


男性は大なり小なり女性に対して夢を持っているもの。「付き合ったらこんな風にキスをせがまれたい!!」という願望を持つ人もいるようです。そこで今回は、スゴレン男性読者へのアンケートを参考に「男性がキュンとするキスのねだり方」をご紹介します。

  • 【1】上目づかいで唇をつきだす。

    「上目づかいは女性が一番かわいく見える角度だと思う」(20代男性)などのご意見多数! 女性のかわいらしい仕草に、男性はキュンとするようです。かわいらしい仕草で迫れば、わざわざおねだりしなくても男性の方からキスしてくるでしょう。

  • 【2】恥ずかしそうに「チュウして」と言う。

    「ちょっと子どもっぽい言い方にキュンとする」(10代男性)などのラブコール多数。「キスして」と言えずに、「チュウして」と言う女性の恥じらうような態度に、グッとくる男性は多いようです。男性は女性をリードしたいと思うもの。子どもっぽい一面を見せるのもひとつの手かもしれません。

  • 【3】自然に顔を近づけて、そっと目をつぶる。

    「自然な感じが一番! 言葉で言わないところがいい」(20代男性)というように、さりげないおねだりに好感を持つ男性は多いようです。自分から「キスして」と言葉にする勇気のない女性は、覚えておくといいテクかもしれません。

  • 【4】ふたりきりのとき、じっと見つめる。

    「会話の途中で急に黙って見つめられたりしたら…ドキドキしちゃう」(10代男性)というように、女性からの視線アピールは意外と男性に響くようです。ラブラブな空気にもっていくための第一歩としても、かなり有効な手段でしょう。

  • 【5】身長差を埋めるように背伸びをして顔を近づける。

    「背伸びってかわいい! 小さいんだなって実感すると、守らなきゃって思います」(20代男性)というように、女性の身体的な小ささ自体が武器になることもあるようです。小柄な女性がすると、特にかわいらしさが引き立つでしょう。

  • 【6】「キスしない?」とストレートに聞く。

    「ちょっと男前な態度にドキッとします(笑)」(20代男性)という意見もあるように、サバサバした女性を好む男性に響くケースだといえそうです。年下の男性や、草食系と呼ばれるような男性に対してだと、特に効果があるかもしれません。

  • 【7】ほろ酔いの状態で「キスしたい?」とふざける。

    「自分に対して完全に気を許してるって感じ。素直に『したい』って言わないところが逆にかわいい」(20代男性)などの声が集まりました。ストレートなおねだりが苦手な人には使えるテクかもしれません。ただし「酔った勢い?」と誤解されることもあるので、あまり何度も使わない方がいいでしょう。

  • 【8】別れ際に「何か忘れてない?」と言って口をキスをするときの形にする。

    「帰る前にしてほしかったんだな、と思ったら舞い上がりそう(笑)」(20代男性)というように、別れ際のおねだり、という部分がポイント。鈍感な男性だと察してもらえない場合もあるので、少し長めにジッと見つめてから言うといいでしょう。

  • 【9】袖や服の裾を引っ張って「ねぇ」と言いにくそうにする。

    「服を引っ張るのって、子どもっぽくてかわいい。『キスして』って言いにくいんだな、と思ったら抱きしめたくなります」(20代男性)など、胸キュンする男性多数! うつむきがちに服を引っ張ると、恥じらう心情が伝わりやすいので、さらに効果的だといえるでしょう。

男性はさまざまな「キスのおねだり」を夢見ているようですね。ほかにも「こんなねだり方がウケた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock