男性が「運命の人かも!」と思う瞬間9パターン


男女の出会いはすべて偶然の導きによるもの…ともいえますが、なかでも恋愛に発展しそうな女性との特別な出会いに、「運命かも!」と感じる男性は多いようです。では、男性はどんな出会いに「運命」を感じるのでしょうか? そこで今回は、スゴレン男性読者への調査結果をもとに、「男性が『運命の人かも!』と思う瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「偶然の再会」を何度も繰り返したとき

    「『街でバッタリ会う』回数が3回を超えると、もう偶然じゃない気がする」(10代男性)など、偶然の再会も度重なれば「運命の必然」というイメージに変わっていくようです。行動パターンや興味のある場所などに共通点があるのかもしれません。

  • 【2】価値観や趣味に共通点がたくさん見つかったとき

    「自分と同じ、超マイナージャンルの音楽が好きな女性は、かなり気になる」(30代男性)など、価値観や趣味が似ていることは、付き合う上でプラスになるポイントです。ニッチな趣味を持っている男性ほど、合致したときの感動は大きいようです。

  • 【3】誕生日などの記念日がぴったり一緒だったとき

    「生年月日が同じとか、苗字が同じとか、自分と同じ要素を持っている人には親近感が湧く」(20代男性)など、生まれつきの個性を同じくする女性に対して、奇妙な縁を感じる男性もいるようです。占いを信じるロマンチックなタイプに多そうです。

  • 【4】初対面から会話がスムーズに成立したとき

    「初対面からリラックスして本音で喋れる女性ってあまりいないので」(20代男性)など、無理をしないでコミュニケーションが取れる=しっくりくる女性、と感じる男性は多いようです。自然と話が盛り上がることは、恋愛関係には欠かせないでしょう。

  • 【5】通う学校やクラスが何年間もずっと一緒だったとき

    「小中高とずっと同じで、部活まで一緒だった彼女は、運命の相手としか思えない」(10代男性)など、共通の環境で育ってきた女性に運命を感じるパターンです。多感な時代を一緒に過ごしたという意味で、誰にも代わりは務まらないといえそうです。

  • 【6】遠方で知り合った女性が、近所に住んでいると分かったとき

    「ブラジル旅行中、現地で知り合った女性が同じ町内に住んでいた。帰国後すぐ連絡を取った」(30代男性)など、遠い場所で出会った女性が身近に住んでいた場合、特別な運命を感じやすいようです。現地での会話も盛り上がりやすいでしょう。

  • 【7】お互いの欠点をうまくフォローし合えるとき

    「お金にルーズな自分の財布のひもを、さりげなく締めてくれる彼女。地味だけど運命を感じます」(20代男性)など、短所をうまくフォローしてくれる女性に対して、ピッタリかみ合う感覚を持つパターンです。お互いの短所を補い合うことで、よい関係を築けそうです。

  • 【8】お互いの考えていることが分かるなど、以心伝心を感じたとき

    「言葉にしていないことを、相手が感じ取ってくれたとき。ここまで通じ合える女性はいないと思った」(30代男性)など、永く連れ添った夫婦のような阿吽の呼吸に、特別な運命を感じるパターンです。付き合う期間の長さよりも、相手を思いやる気持ちを強く持つことが重要といえそうです。

  • 【9】将来の夢やイメージがぴったり合致したとき

    「理想の家族像や生活のイメージが合う女性とは、将来をリアルに考えられる」(20代男性)など、単なる恋人というだけでなく、人生のパートナーとして運命を感じるパターンです。地に足のついた恋愛を志向する男性に多い傾向といえるでしょう。

ほかにも、「男性が『運命の人かも!』と思う瞬間」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock