「冷めていて現実的だなぁ」とガッカリさせる女性の特徴9パターン


何事においても現実的な言動をとる女性に、男性は物足りなさを感じることもあるようです。では男性は、女性のどういった言動で現実的だと感じるのでしょうか。そこで今回は、「『冷めていて現実的だなぁ』とガッカリさせる女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】冗談を言っても笑顔ひとつ見せない。

    「何も話す気が起きなくなる」(20代男性)など、冗談を言っても反応がないと、男性は盛り上げようとする気持ちを否定されたと感じるようです。冗談の内容にかかわらず、常に笑顔を心がけることで、男性に好感を与えることができるでしょう。

  • 【2】プレゼントに対して、「使わないと思う」ともらすなど、実用性で判断する。

    「もう現金をあげるしかない。やる気をなくす」(20代男性)といったように、プレゼントを実用性で判断すると、男性の気持ちを踏みにじることにもなるようです。どんなに自分にとって不要なものでも、プレゼントをしてくれた男性の心に感謝することが大切でしょう。

  • 【3】男性が買い物をしようとすると、「この素材でこの値段高くない?」などと口をはさむ。

    「せっかくの買い物に水をさされて、つまらなくなる」(20代男性)など、現実的な意見をはさみ過ぎると、男性も買い物を楽しめなくなるようです。男性に意見を求められたときに「でもちょっと高いかな?」と軽く言うくらいがいいでしょう。

  • 【4】着ぐるみなどを見ても「中の人大変そう」と、いじわるな見方をする。

    「一緒に遊園地なんかに行っても楽しめないと思う」(10代男性)など、積極的に楽しむべきところで引いた態度をとってしまうと、冷めた印象を与えるようです。ぬいぐるみのデザイン的なかわいさを褒めた方が、男性にいい印象を与えられるでしょう。

  • 【5】夢や希望の話になると、「若いねぇ」と大人ぶって冷やかす。

    「人の話に水をさすようなことを言われると、ガッカリする」(20代男性)といったように、大人っぽく見せたつもりでも、男性から不評を買うこともあるようです。夢を応援する姿勢を示せば、男性もさらにやる気が湧いてくるでしょう。

  • 【6】ドラマを観ても「あんなのあり得ない」と、現実と比べたがる。

    「ドラマとして楽しめばいいのにと思う」(10代男性)など、フィクションにツッコミ過ぎると、物事を楽しめない女性だと思われることもあるようです。むしろ、「こんなこと実際にあったらいいよねぇ」などと夢を膨らませて感想を言えば、男性の目にかわいらしく映るでしょう。

  • 【7】男性に関して「最低○○万は稼いでないと、結婚できないよね」と、収入や職業ばかりを気にする。

    「人柄や価値観を無視されると、こちらの気持ちが冷める」(30代男性)など、現実的な条件ばかりを主張すると男性の気持ちは萎えてしまうようです。「お金も大切だけど、優しい人じゃないと結婚しても幸せになれなそう」など、内面的な価値観も強調する必要があるでしょう。

  • 【8】恋愛対象外の男性に対してはいい加減に話を聞くなど、態度を変える。

    「エネルギーを効率的に使っているつもりでも、逆に損していると思う」(20代男性)など、恋愛対象の男性に接するときと違い、興味のない男性には愛想が悪い女性は、現実的過ぎると感じる男性もいるようです。意中の男性がいない場でも、評判は伝わるので注意しましょう。

  • 【9】自分が待たされたりすることを嫌い、すぐに「この時間ムダじゃない?」などと言う。

    「すぐイライラされると、場の空気も悪くなる」(20代男性)といったように、「自分の時間を奪われている」といった気分を表に出すと、男性は居心地悪く感じるようです。「みんなで○○しない?」など、ムダな時間を生かす提案ができるといいでしょう。

他にも男性がガッカリするような女性の現実的な言動はあるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock