「会いたい」と言われて男性のテンションが上がる状況9パターン


女性から「会いたい」と連絡がきた場合、それが友達としてか、恋愛対象としてなのかによって、男性側のテンションは大いに変わってきます。男性が恋愛のムードを感じ取るのはいったいどのようなシーンなのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「『会いたい』と言われて男性のテンションが上がる状況」をご紹介します。

  • 【1】ランチタイムに「今晩、ご飯食べに行かない?」と突然誘われる

    「お昼に声を掛けてもらえれば、残業を翌日にずらしたり、なんとか夜を空けられることが多い」(20代男性)というように、突然の誘いであっても予定が調整可能なタイミングであれば、男性もテンションが上がるようです。特に平日であれば歓迎されるでしょう。

  • 【2】深夜0時過ぎにLINEで一文だけ「会いたい」と送られてくる

    「わざわざ夜に来る連絡は大切な用事がありそう」(10代男性)というように、深夜0時過ぎの連絡は男性に「特別な何か」を予感させるようです。多くを語らず、あえて「会いたい」と4文字で伝えると、ドラマチックな雰囲気を演出できるでしょう。

  • 【3】仕事などで忙しいときに「○○君の顔が見たいなぁ」と甘えられる

    「甘えられるとグッとくるし、自分に会うと癒やされるんだと思うと嬉しい」(20代男性)など、女性のほうから積極的に「顔を見たい」と迫るのも、好意が伝わる誘い方かもしれません。急な誘いでも、まんざらでもない様子で応じてもらえるでしょう。

  • 【4】風邪などで寝込んでいる女性から「助けに来て…」と頼られる

    「辛いときに頼るのが自分かと思うと、信頼されているなぁと感じる」(30代男性)など、弱っている自分をさらけ出して、親近感を抱いてもらうパターンです。ただし、信頼関係ができていない相手だと、困惑されるだけかもしれません。

  • 【5】連絡の途絶えていた女性から「久々に会えない?」と突然電話がかかってくる

    「新しいストーリーが始まりそうで燃える」(20代男性)など、「久しぶり」「突然」といったキーワードが揃うと、非日常的なムードが高まり、男性をドキッとさせるようです。ただし、せめて半年以上は期間が空いていないと、効果は薄いでしょう。

  • 【6】合コンで出会った女性から「今度はぜひ二人で」とLINEが来る

    「手ごたえありって感じで心の中でガッツポーズを決めますね(笑)」(20代男性)など、合コン後すぐに誘いの声がかかるというのも気分が盛り上がるもののようです。正しい手順を踏んでいるという高揚感がたまらないのかもしれません。

  • 【7】悩み事やトラブルについて「相談に乗って!」とお願いされる

    「困ってるなら力になってあげようと思いますね」(10代男性)など、「相談がある」という口実で会いたがるのも、男性をその気にさせるようです。実はたいした悩みなどなくても、それらしい相談内容を用意して話を聞いてもらいましょう。

  • 【8】昨日も会った女性から「今日も会える?」と声をかけられる

    「相手の熱量が伝わってきます」(20代男性)など、連日の誘いは、わかりやすく好意が伝わるアプローチとして受け入れられるようです。マンネリになることを避けるために、会う場所を変えるなどの工夫をするとよいでしょう。

  • 【9】誕生日などの大切なイベントの日に「一緒にいたい」と頼まれる

    「大切な日に二人きりってことは、自分は特別なんだと自信がもてる」(20代男性)など、特別な日に会いたがることで、パートナーとして認定したことが伝わるパターンです。ただし、その日がどんなに大切な日なのかを、あらかじめ男性側に理解してもらう必要はあるでしょう。

男性のテンションが上がる状況には、ほかにどんなものが考えられるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock