男性に期待を持たせてしまう「断り文句」8パターン


恋愛対象ではない男性からのデートの誘いを、やんわりと断ったつもりが、全然伝わっていなかった…。そんな経験をしたことのある女性は少なくないと思います。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者に聞いた「断られていることがわかりにくい遠まわしの言い方」の例をご紹介します!

  • 【1】「このところ、ずっと忙しくて…」と多忙を理由にする。

    「大変だなあと同情した」(20代男性)などと額面どおりに言葉を受け止め、男性が見守ってくれるパターンです。「『身体壊さないようにね』とメールした矢先、実はかなりヒマだと知った」(20代男性)というように、真相がバレるとお互い気まずい思いをするので気をつけましょう。

  • 【2】「あとでメールするね!」と口約束する。

    「うれしくてセンター問い合わせしまくり」(10代男性)などと男性をぬか喜びさせてしまうのが、「あとでメールする」という口約束です。「楽しみで楽しみで…1年以上待ってしまった」(20代男性)というのは、さすがに男性が鈍いとはいえ、ちょっと気の毒です。

  • 【3】「んー、考えとく」と返事を保留する。

    「突然の誘いに戸惑ってるんだと思った」(20代男性)、「照れ隠しの反応?」(10代男性)などとポジティブに解釈されがちなのは、「検討する」といった趣旨の回答です。角を立てないあしらい方ではありますが、本音を察してもらえない可能性も視野に入れておきましょう。

  • 【4】「胃の調子が悪いみたいで…」と体調不良を言い訳にする。

    「胃弱体質を改善する漢方薬を調べてあげたのに、嘘だったなんて…」(20代男性)というように、傷つけまいとして仮病を言い訳にした結果、かえって男性を苦しめてしまう場合があります。「体調不良」は食事の誘いを断わる常套句ですが、真面目な男性には酷な嘘かもしれません。

  • 【5】「そのうち行けたらいいですね」と、一見前向きな返事をする。

    「そのうち」「機会があったら」というのは、気の進まない誘いをやんわり退けるときに女性が好む枕詞ですが、「普通、『OKしてくれた!』と思うでしょ」(20代男性)などと、「そのうち」に込められたニュアンスが伝わらない男性もいると覚えておきましょう。

  • 【6】「弟の誕生日なんだー」と家族の用事を引き合いに出す。

    「やさしい子だなあ、と感心」(20代男性)、「ギャルっぽい見た目と『家族思い』のギャップに萌え」(20代男性)などと、思いのほか好意的に受け止められるのが「家族の用事」です。うまいことを言って断ったつもりが、ますます興味を持たれてしまう危険性があるので、注意が必要です。

  • 【7】「その日は用事があるから、また今度誘って!」と先約があることを伝える。

    はっきり断りにくいとき、「先約がある」と伝えるのは、相手の顔をつぶさずにその場をやり過ごす最適な方法ですが、察しの悪い男性の場合、「仕切りなおして『また今度誘おう!』と思う」(20代男性)というように、まったくダメージを受けずに張り切られてしまうこともあります。

  • 【8】「時間ができたら連絡します」と女性が主導権を預かる。

    「すぐに時間を作ってくれると思ってた!」(10代男性)などと、「前向きな勘違い」を招きやすいのは、「女性に主導権に預けた」と男性が思い込んでいるケースです。勝手に期待するほうもうかつですが、好意がこじれて逆恨みされては元も子もないので、男性をじらすようなことはやめておきましょう。

男性との関係によって、ほかにも「男性に期待を持たせてしまう断り文句」があると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock