卒業式までに告白できなかった先輩に連絡するときの一言9パターン


憧れの先輩が卒業した後でも、あきらめなければ想いが届くかもしれません。今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに、「卒業式までに告白できなかった先輩に連絡するときの一言」にはどんなものがあるか聞いてみました。

  • 【1】「先輩に会えなくて寂しいです!」と言って、好意を匂わせる。

    「先輩もきっと気があると感じてくれるはず!」(20代女性)のように、寂しさをアピールすることで先輩にそれとなく好意を伝える女性もいます。後輩想いの先輩なら、「じゃあ、久々に会おうか。」と言ってくれるでしょう。

  • 【2】「第二ボタン、まだ残っていたらください!」とお願いする。

    「告白よりはハードルが低いし、思い出の品もゲットできるかも。」(10代女性)のように、第二ボタンを口実に先輩に連絡する女性もいます。好意を持っていることも先輩に伝わり、恋愛対象として見てくれるようになるかもしれません。

  • 【3】「新しい環境にはなれましたか?」と近況を尋ねる。

    「自然な会話に持ち込めそうなので。」(20代女性)のように、先輩の近況を尋ねて自然な会話に持ち込む女性もいます。なれない環境で不安を感じている先輩にとって、「新しい環境にはなれましたか?」という後輩の気遣いは、嬉しいものになるでしょう。

  • 【4】「久々、先輩の顔を見てみたくなって。」と伝える。

    「少し時間を置いているから、懐かしくなっているかも。」(10代女性)という意見にもあるように、「久々に会ってみたい。」と伝える女性もいます。懐かしい後輩から「会いたいです。」と言われれば、先輩も悪い気はしないでしょう。

  • 【5】「卒業後、いい出会いありました?」と言って、恋愛事情を探る。

    「先輩にいい人がいなければチャンス!」(10代女性)のように、先輩の恋愛事情について探ってみるという女性もいます。恋愛について尋ねられた先輩は、「卒業後もこの子は僕に興味を持っているんだ!」と感じ、恋愛対象として意識し始めるかもしれません。

  • 【6】「いつも心の中で応援していますから!」と言って、新しい環境に飛び込んだ先輩に応援メッセージを送る。

    「2年間応援し続け、想いが実りました。」(10代女性)のように、卒業後も先輩を応援し続けて恋愛が成就した女性もいます。すぐに振り向いてくれなくても、応援し続ければ、その分、先輩の心の中であなたの存在が大きくなっていくことでしょう。

  • 【7】後輩の男性と遊ぶ約束をして、「よかったら先輩も来てくれませんか?」と誘う。

    「共通の知人がいれば誘いやすい。」(10代女性)のように、後輩の男性と協力して、先輩を遊びに誘う女性もいます。そこで仲良くなれば、次は先輩と二人でデートできるかもしれません。

  • 【8】「あれから私、ちょっと変わったんですよ。」とキレイになる努力をしていることをアピールする。

    「変わった私に興味を持ってくれるかも。」(20代女性)のように、キレイになる努力をして変わった自分を見て欲しいとお願いする女性もいます。先輩はキレイになった姿を見るために、会ってみたいと思うかもしれません。

  • 【9】「卒業してからも想い続けています。」と素直に気持ちを伝える。

    「入学してからずっと好きだったと、想いの強さをアピールする。」(10代女性)のように、ずっと好きだったことを素直に伝える女性もいます。卒業しても好きでいてくれたことを先輩は嬉しく思うでしょう。卒業前の告白よりも先輩の心に響くのかもしれません。

この他には、どんな「卒業式までに告白できなかった先輩に連絡するときの一言」があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock