男性がドン引きするバレンタインチョコレート9パターン


せっかくチョコを渡しても、そのせいで男性にガッカリされては意味がありません。そこで今回は、スゴレンの男性読者のみなさんに、過去にもらってドン引きしたチョコについて聞いてみました。

  • 【1】賞味期限がすぐに切れそうな「チョコ」

    「義理中の義理って感じ…。」(20代男性)のように、賞味期限ギリギリのチョコやすでに賞味期限が過ぎているチョコをもらい、「僕は本当にどうでもいい相手なんだな」とガッカリする男性もいます。義理チョコであっても、賞味期限はしっかり確認しましょう。

  • 【2】ひとりでは食べきれない量の「ホールのチョコレートケーキ」

    「食事した後、『残さず食べてね』と言われて…。」(30代男性)のように、ホールケーキのような大きなお菓子をもらって困ってしまった男性もいます。ただし、一緒に食べるのであれば、二人の距離を縮めてくれるかもしれません。

  • 【3】「時間をかけて作ったんだ!」という前フリの割には「味がイマイチのチョコレート」

    「自信満々の割に味がヘンテコだと女の子の味覚に引く。」(20代男性)のように、前フリで期待をあおったばっかりに、男性にガッカリされるケースもあるようです。男性に上げる前に、友達同士で試食すればそういった失敗をしなくてすむでしょう。

  • 【4】リアクションを試すための「わさび入りのチョコレート」

    「バレンタインにドッキリはいらないでしょ!」(10代男性)のように、ネタ重視のチョコを渡されて、イラッとした男性もいるようです。受け取る側は「本命かな?」と期待している可能性もあるので、男性をからかうためのチョコは控えましょう。

  • 【5】義理チョコに流用された「失敗作のチョコ」

    「義理と分かっていても、負け犬みたいな気分になる。」(20代男性)のように、成功作の本命チョコは他の誰かに渡しているところを想像すると、そのお下がりをもらっている気分になり、嫌なようです。失敗作は渡さないか、「失敗作」だと言わずに渡すのがエチケットなのかもしれません。

  • 【6】食欲がなくなる「指紋がたっぷりの手作りチョコ」

    「手作りは嬉しいけど、指紋だらけだと手でこねまわした感じがしてイヤ。」(20代男性)のように、指紋を見て食欲をなくす男性もいるようです。手作りチョコを箱に入れる前に指紋が残っていないかチェックするようにしましょう。

  • 【7】謎の「ポエム付きのチョコレート」

    「女の子の頭の中で勝手にストーリーが展開しているようで怖い。(10代男性)のように、付き合っていない男性にとってポエム付きのチョコはとても重いようです。ポエムではなく、ストレートに気持ちを伝えるメッセージカードの方が、男性も受け取りやすいかもしれません。

  • 【8】顔や胸像など「変なカタチのチョコ」

    「胸像をもらったとき、製作シーンを想像して引いた。」(20代男性)のように、チョコのカタチに凝りすぎると、食べられないばかりか男性にいらぬ想像をさせてしまうようです。チョコを受け取って食べる気持ちになって、チョコのカタチを決めた方がいいかもしれません。

  • 【9】一緒に住むことをアピールする「合鍵とチョコレートのセット」

    「親しくない相手だったので、反応に困った…。」(20代男性)のように、合鍵を渡すという大胆過ぎるアプローチに男性が引いてしまうこともあるようです。合鍵を渡すのは、その男性と付き合えるようになってからにした方がいいでしょう。

「男性がドン引きするバレンタインチョコレート」には他にどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock