寒い季節に、男性をドキッとさせる積極的なスキンシップ9パターン


冬は人の温もりが恋しくなる季節。屋外デートともなればなおさらです。また、男性も同じように考えているはずなので、スキンシップは一つのアピール方法といえるでしょう。そこで、今回は「寒い季節に、男性をドキッとさせる積極的なスキンシップ」をご紹介します。

  • 【1】「手、寒そうだよ」と言いながら、男性の手を握る。

    「手を握られた瞬間に、一気に熱くなる!」(10代男性)など、直接手と手が触れ合うことにドキッとする男性は多いようです。また、女性の方から「手が冷たいからつないでて」と積極的につなぐのも、男性はうれしいようです。

  • 【2】男性のコートのポケットに手を入れる。

    「同じポケットに手を入れたら、一緒に温かくなれるみたいでうれしい」(30代男性)というように、一つのポケットを共有することに、喜びを感じる男性もいます。気になる男性には、積極的に「入れさせて」と甘えてみてもいいでしょう。

  • 【3】歩いているときに、さりげなく腕を組む。

    「気になる子だったら、『うわー!』ってテンション上がる」(30代男性)というように、腕を組むという行為だけで、男性はドキドキワクワクするようです。恋愛対象ではない男性と歩くときは、腕を組むのは控えた方がいいかもしれません。

  • 【4】「寒いよぉ」と言いながら、体をくっつける。

    ベンチで座っているときなどにくっつく行動を、男性は「かわいいと思うし、ギュッて抱きしめたくなる」(10代男性)と思うようです。スキンシップに抵抗がある女性でも、直接触れずに男性をドキッとさせられる方法といえそうです。

  • 【5】「顔赤いよ」と、男性の頬に手で触れる。

    「顔って、すごく近しい関係じゃなきゃ触れない気がする」(20代男性)というように、顔に直接触れることが、特別な間柄だからだと感じる男性もいるようです。男性によっては、驚いて顔を背けてしまう人もいるので、注意しましょう。

  • 【6】「あっちの方に行きたいな」と、男性の手を引っ張る。

    「無邪気なスキンシップって、好意がそのまま出てる気がする」(20代男性)という意見から、「好き」という思いがダイレクトに伝えられる行動といえそうです。不意に触れた手が温かいと、温もりが伝わりやすく、ドキドキ感が増すので、温めておくといいかもしれません。

  • 【7】ふざけて、冷たい手で男性の首や背中に触れる。

    「『やったなぁ』ってワイワイ楽しめるのがいい」(20代男性)のように、ふざけ合える女性に対して、キュンとする男性もいるようです。ただし、男性によっては怒ってしまう恐れもあるので、ふざけても怒らない人かどうかを見極める必要があるでしょう。

  • 【8】「顔が寒い」と言って、顔を男性の胸にうずめる。

    「かわいくてドキッとするし、信頼されてるって気がする」(20代男性)というように、「頼られてる」と、男性の心をくすぐる効果もあるといえそうです。また、うずめた顔を少し離して上目遣いで見つめれば、キュンとする男性もいるでしょう。

  • 【9】「風除けになって」と後ろから抱きつく。

    「女の子の甘えた感じの行動に、こっちがテレる」(20代男性)など、後ろからのハグにドキッとする男性も多いようです。また、正面からのハグよりも恥ずかしさが少ないので、ちょっとふざけた感じで抱きつくことができるでしょう。

さりげないスキンシップより、少し大胆な方が男性をドキッとさせられるようです。ほかにも、「寒い季節に、男性をドキッとさせる積極的なスキンシップ」にはどんなものがあるのでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock