男性をドキッとさせる寒い日ならではのスキンシップ9パターン


冬は人の温もりが恋しくなる季節。屋外デートともなればなおさらです。また、男性も同じように考えているはずなので、上手にスキンシップを繰り出して、二人の距離を縮めたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性の意見を参考に、「男性をドキッとさせる寒い日ならではのスキンシップ」をご紹介します。

  • 【1】「冷たくなってない?」と言いながら、男性の手を握る

    「手を握られた瞬間に、一気に全身が熱くなった!」(10代男性)など、直接手と手が触れ合うことにドキッとする男性は多いようです。どんなに寒い日のデートでも、手袋をせずに行ってチャンスを待ちましょう。

  • 【2】男性のコートのポケットに手を入れる

    「ポケットの中でぬくもりを感じ合うのってすごく特別な感じがする」(20代男性)というように、一つのポケットを共有することに、喜びを感じる男性もいます。そろそろいい雰囲気になっている相手であれば、かわいく甘えて「入れさせて」と迫ってみてもいいでしょう。

  • 【3】歩きながら、さりげなく腕を組む

    「そりゃあ、『うわー!』ってテンション上がりますよね」(20代男性)など、「腕を組む」という行為に特別な意味を感じてしまう男性が多いようです。関係を進展させたいタイミングで、試してみてはいかがでしょうか。

  • 【4】「寒いよぉ」とつぶやきながら、体をくっつける

    「ベンチで並んで座っているときに『くっついていい?』とひっついてくるのはかわいいなと思います」(10代男性)というように、寒さを口実に体を密着させるのも愛らしく映るようです。冗談っぽいノリでやってみると、ギクシャクせずに済むでしょう。

  • 【5】「顔赤いよ」と、男性の頬を撫でる

    「顔って、すごく近しい関係じゃなきゃ触れない気がする」(20代男性)というように、顔に直接触れることで、特別な感情を意識させるパターンです。いきなりだと驚かせてしまうので、ちゃんと相手の目を見て実行しましょう。

  • 【6】「あっちのほうに行きたいな」と、男性の手を引っ張る

    「無邪気なスキンシップって、好意がそのまま出てる気がする」(20代男性)というように、何気ない仕草のなかで肌が触れ合うことを喜ぶ人もいます。不意に触れた手が冷たいと相手をギョッとさせてしまうので、ある程度温めておきましょう。

  • 【7】ふざけて、冷たい手で男性の首や背中に触れる

    「『やったなぁ』ってワイワイ楽しめるのがいい」(10代男性)というように、冷たい手を使ってじゃれ合うのも男性をキュンとさせるようです。ただし、人によっては怒ってしまうおそれもあるので、冗談が通じるタイプかどうかを見極めましょう。

  • 【8】「目も鼻もほっぺも全部寒い…」と相手の胸に顔をうずめる

    「かわいくてドキッとするし、信頼されてるって気がする」(20代男性)というように、相手の胸に飛び込んでしまうことで、いきなり距離を縮めるパターンです。うずめた顔を少し離して上目遣いで見つめると、ダメ押しは完璧でしょう。

  • 【9】「風除けになって」と後ろから抱きつく

    「女の子の甘えた感じの行動に、こっちがテレる」(20代男性)など、後ろからのハグに萌える男性は多いようです。正面からのハグよりも恥ずかしさが少ないので、ちょっとふざけた感じで挑戦してみましょう。

さりげないスキンシップより、少し大胆なほうが男性をドキッとさせられるようです。ほかには、どんなスキンシップにドキッとさせる効果があるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock