好きでもない男性からのキスを拒絶する一言9パターン


飲み会などでお酒が入り大胆になった男性からキスを迫られた経験がある方もいらっしゃるのでは? 好きな男性からならまだしも、そうでない男性に迫られたらどのように断るべきか困ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに、どんな一言でキスを回避しているのか聞いてみました。

  • 【1】「無理!」と言って思いっきり拒絶する。

    「好きじゃない相手からだとキモいとしか思えないので」(20代女性)という意見のように、思いっきり拒絶すれば、男性もあきらめてくれるでしょう。ただし、その男性との関係は気まずくなるので、その場を取りつくろう話力が必要となります。

  • 【2】「ごめんなさい!」と言って謝る。

    「ひとまず『ごめんなさい』と謝ってごまかしたい」(10代女性)のように、謝れば男性にそれほど大きなショックを与えずにすむでしょう。ただし、完全な拒絶ではないので、あきらめの悪い男性に対しては、根気よく断り続ける必要があるでしょう。

  • 【3】「他に好きな人がいるからダメ!!」と言ってあきらめさせる。

    「他に好きな人がいるとハッキリ言います」(20代女性)という意見のように、キスしてきた相手以外に好きな人がいると伝えれば、あきらめてもらえるかもしれません。ただし、「誰が好きなの?」と追及されたときは、相手を納得させる答えが必要になるでしょう。

  • 【4】「ちょっと、まだ早くない…?」と、一旦おあずけしたように見せかける。

    「未来に希望を残すことで可愛らしく回避します…」(20代女性)のように、おあずけしたように見せれば、男性からの印象が悪くならずに済むでしょう。ただし、同じ男性に何度も迫られる恐れもあります。

  • 【5】「こらこらこら(笑)」と冗談っぽく断る。

    「その後の付き合いを考えて、冗談っぽく拒絶します」(20代女性)という意見のように、冗談っぽく断れば、男友達との関係をそれほど傷つけずにすむでしょう。ただし、冗談が通じない男性の場合は止められないかもしれません。

  • 【6】下を向いて「恥ずかしいからイヤ」と断る。

    「かわいく断りたいので」(20代女性)という意見のように、下を向いて恥ずかしいと言って断れば、我慢してくれるかもしれません。ただし、男性に気があると思われる可能性もあるので、それが嫌ならキッパリ断る方がいいでしょう。

  • 【7】「誰でもいいの? そういう人嫌い」と相手を否定する。

    「『嫌い』ってストレートに言わなきゃわからないと思う」(20代女性)という意見のように、相手を否定すればキスをする気も失せるでしょう。ただし、男性が軽い男だと思われたことにショックを受けることは避けられないかもしれません。

  • 【8】「どうしたの? 一回落ちつこう」と言って興奮している相手をなだめる。

    「一回落ちつかせれば、キスする気もなくなるはず」(20代女性)という意見のように、迫ってくる男性を落ちつかせればキスを回避できるかもしれません。ただし、それでも止まらない男性だった場合には、強く拒絶する必要があるでしょう。

  • 【9】「鼻毛出てるよ」と言って、その気をなくさせる。

    「鼻毛が出てるって言えば、その気もなくなるでしょ(笑)」(20代女性)という意見のように、鼻毛が出ていると言えばキスどころではなくなるでしょう。ただし、男性に大恥をかかせてしまうので、それが嫌な人は控えた方がいいのかもしれません。

今回ご紹介したなかに、使えそうな項目はありましたか? また他にはどんな一言が男性からのキスを断るときに有効なのでしょうか。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock