上目遣いで言うと、男性のテンションが急上昇するひと言9パターン

計算高い女と思われるリスクがあるとはいえ、実際のところ女性の「上目遣い」に弱い男性が多いようです。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行った調査の結果を参考にして、「上目遣いで言うと、男性のテンションが急上昇するひと言9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「私のこと、好き? 嫌い?」と、上目遣いで交際を迫られる。

    「タジタジになってしまう」(10代男性)というように、上目遣いには男性の心拍数を上げる効果があるようです。恥ずかしがって下を向いて告白するよりも、成功率が上がるかもしれません。
  • 【2】「この机を運ぶの手伝って?」と、上目遣いでお願いされる。

    「頼られていることを強く実感できる」(20代男性)など、上目遣いによって男性の自意識を刺激することができるようです。「男なら手伝ってよ!」とツリ目で言うよりも、上目遣いの方が男性の優越感を刺激できるため、喜んでお願いを聞いてくれるでしょう。