過去の失敗を教訓にしたい!クリスマスデートの苦い思い出8パターン

待ちに待ったクリスマス! 彼氏や気になる男性と、デートの約束をしている女性は多いと思います。そこで今回は、『オトメスゴレン』読者の女性が過去に体験した「クリスマスデートの苦い思い出」をご紹介します。クリスマスデートを計画するうえで、世の女性たちの過去の失敗を参考にしていただけたらと思います。

  • 【1】相手任せにしていたら、いつもと変わらないデートだった。

    「出会って最初のクリスマスなのに、デートの行き先がパチンコ店って!」(20代女性)、「イブの夜、『とっておきの店に行こう』と案内されたのは、行列のできるラーメン屋さん! 張り切って着飾って行った自分がむなしかった」(20代女性)など、相手が「クリスマス」の重要性を認識していなかったというものです。期待が大きいと、それだけ裏切られたという失望感も強くなるので、「こんなクリスマスを過ごしたい」という希望は、事前にある程度伝えておいたほうがいいかもしれません。
  • 【2】おしゃれにこだわるあまり、薄着しすぎて風邪をひいた。

    「この日のために買ったワンピースは、かわいいけど冬物にしては薄地。我慢して着ていたら風邪をひいた」(20代女性)など、おしゃれな装いを重視するあまり、薄着しすぎて体調を崩した体験談が多く寄せられました。「当時流行していた『ノースリーブのニットのミニワンピ+生足』でキメていったら、まさかのイルミネーション鑑賞デート。コートを着ても寒くて散々だった」(30代女性)というように、予想外の展開も考えられるため、少しは防寒対策を考えておいたほうがよさそうです。