男性が激しく落ち込むデートの断り文句9パターン

草食系男子が増えている昨今、ある種の男性にとって女の子をデートに誘うというのは決死の覚悟が必要です。ケチョンケチョンに断られては、ショックから立ち直れない…。脈ナシを伝えるには最適ですが、使い方には注意したい断り文句。スゴレンの男性読者にうかがった最悪のセリフ9種類をピックアップしました。

  • 【1】「いろいろ忙しくて無理。」

    「理由がぼやっとし過ぎていて距離を感じた」(10代男性)というように、何の予定があって無理なのかという言及もなく、ただ「忙しい」と言われるとそれ以上に積極的にアプローチする気にもなれないようです。