合コンで「はりきり過ぎ」と思われてしまう行動9パターン

新しい出会いがある合コン。あまりに期待が大きいと、つい頑張り過ぎてしまうことも。でも、あまりにまわりの人とのテンションに差があると「はりきり過ぎ」と思われ、場を白けさせてしまうことにもなりかねません。では、一体どんな行動が「はりきり過ぎ」に当たるのでしょうか? 今回は、せっかくの楽しい合コンを失敗に終わらせないために、男性へのアンケートから「合コンで『はりきり過ぎ』と思われてしまう行動9パターン」を探ります。

  • 【1】似合わない派手なメイクをしている。

    いつもはナチュラルメイクの女性が派手なメイクをしていると、初対面の男性にも違和感が伝わってしまうようです。「ベタベタにグロスを塗っていたり、付けまつげでバチバチの目を見ると、何もそこまで・・・と思う」(20代男性)という意見からもわかるように、「キレイに見られたい」という強い思いが前面に出過ぎると、男性に引かれてしまうのだと考えられます。女性として、男性からキレイだと思われたいのは当たり前。でも、男性はナチュラルメイク好きが多いとも聞きます。完全武装でキメるより、少しは隙を見せた方が、男性も話しかけやすいかもしれません。
  • 【2】フワフワの巻き髪スタイルで過剰に女らしさを強調する。

    フワフワの巻き髪は、コンサバ女子の定番スタイル。これは、ときに過剰に女らしさを強調してしまうようです。「巻き髪だと、いかにも男を意識して可愛い女ぶってる感じ」(20代男性)などの意見が集まりました。どうやら、男ウケがいいとされるコンサバスタイルを極め過ぎると、逆に媚が感じられるようです。合コンで男ウケを気にするのは当然ですが、あまり自分を作りこまず、自然体で出かけた方が、男性陣もリラックスできるかもしれません。