理系男子がメロメロになる褒め言葉9パターン

文系男子に比べて、なんとなく気難しそうでオタクっぽいイメージのある「理系男子」。普通に生活しているとなかなか会う機会がないので、理系男子を好きになったら・・・さぁ大変! 一体どう接すれば好意を持ってもらえるのかわからず、戸惑う人もいるのでは? そこで今回は、「理系男子がメロメロになる褒め言葉9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「○○くんの説明ってわかりやすい!」

    多くの理系男子は説明好き。だから、彼らの話を聞いたら、「○○くんの説明ってわかりやすい!」と言ってあげましょう。彼らは、論理的に話すことをとても重要視していると考えられます。そのため、説明がうまいということは、理系男子にとって非常に嬉しい褒め言葉になるようです。逆に「話がわからない」という発言は、理系男子に大きなショックを与えてしまう恐れも。内容が理解できない場合は、どこがわからないのかきちんと伝え、「話の内容が専門的すぎて、自分には難しい」という言い方をしてあげるといいでしょう。
  • 【2】「そんな話、はじめて聞いた」

    「そんな話、はじめて聞いた」という言葉は、理系男子にとっては褒め言葉になるようです。特に研究に携わっている理系男子は、新しい技術や新製品に関する情報に詳しいもの。「そんな話、はじめて聞いた」と驚かれると、最新情報を誰かに伝えたいという欲求が満たされると同時に、最新情報に対するワクワク感を共有できる喜びが得られるのだと考えられます。「すごいね!」「ウソみたい!」などの相槌も、驚きが伝わるという点では効果的と言えるかもしれません。