「親しき仲にも礼儀あり」と注意したくなる彼女の振る舞い9パターン

  • 【3】名前ではなく「お前」「あんた」などと呼ぶ。

    彼氏は彼女から「お前」「あんた」などと呼ばれると、自分が下に見られているようで、あまりいい気持ちがしないようです。はじめはぎこちなく呼び合っていたカップルでも、交際期間が長くなるとあだ名で呼びあったり、呼び捨てにしたりするもの。それなら親密さが感じられますが、「お前」や「あんた」は、呼び方としてちょっとガサツ。女らしさも感じられないので、あまり使わない方がいいでしょう。
  • 【4】「チビ」「デブ」など、コンプレックスをズケズケ指摘する。

    彼氏は、彼女から「チビ」「デブ」などコンプレックスを指摘されるのを嫌うようです。男性はデリケートなので、大好きな彼女にそんなことを言われると、男友達から言われるよりも深く傷ついてしまうのだと考えられます。いくら気兼ねなく話せる関係だからといって、好き放題言っていい、ということではありません。うっかり口を滑らせてしまったら、「そんなところも含めてあなたが好き!」など、フォローするといいでしょう。