「親しき仲にも礼儀あり」と注意したくなる彼女の振る舞い9パターン

付き合いが長くなると、ふたりで一緒にいることに慣れ、お互いに遠慮がなくなってきます。それによって、より安定した付き合いに発展することもありますが、遠慮のなさが目立つと「それはちょっとやりすぎなんじゃ・・・」と腹が立つことも。では、彼氏が彼女に対して「親しき仲にも礼儀あり!」と言いたくなるのは、一体どんなシーンなのでしょうか。代表的な例をご紹介していきます。

  • 【1】遅刻しても謝らない。

    デートの待ち合わせ時間に、つい遅れてしまうことがあります。そんなとき彼女から「ごめんね」の一言がないと、彼氏は「親しき仲にも礼儀あり!」と言いたくなるようです。謝罪の言葉がないということは、彼氏のことを「少しくらい待たせても大丈夫」と軽く見ていると思われても仕方ありません。「自分は彼女から大切にされていない」と、悲しい思いをさせないためにも、丁寧に謝って謝罪の気持ちを伝えるといいでしょう。