思い出すと心が温かくなる学生時代特有の恋愛経験8パターン

  • 【6】次の日のことを考えず、夜遅くまで一緒に過ごす。

    時間に余裕のある学生時代ならではの恋愛経験です。特に長期休暇の時期などは時間の感覚が薄れるもので、寝る時間以外はデートしていたなんて人も決して少なくないはずです。それほど元気だったのはやはり体力的な問題が大きいのでしょう。社会人になってからは、時間があればデートするより体を休めたいという声が増えるなど、デートに対する優先順位は多少下がってしまいます。このことから考えると、やはり夜までずっとデートしようとする感覚は、学生時代特有といえるでしょう。