彼女からもらって、正直困ったモノ9パターン

長い時間をかけて探したり、慣れない手つきで頑張って手作りしたプレゼント。彼氏にあげた途端に微妙な空気になった。あるいは、プレゼントした時は喜んでいたように見えたけど、その後そのプレゼントの姿を見ない。そんなことってありませんか?プレゼントとはあなたの趣味や、あなたが考えた男性のニーズを、ある意味「押しつける」もの。逆にもらった方としては困ってしまうこともしばしば。そんな逆効果プレゼントを防ぐために、スゴレン読者のご意見を基に構成したリスト。セルフチェックにぜひご活用ください。

  • 【1】趣味にあわない服や雑貨

    男性の趣味にあわない服や雑貨のプレゼントです。男性側に「自分はルーズな格好が苦手」「派手な色が似合わない」などのNG事項がある場合や、ファッションスタイルにこだわりがある場合などは、一緒に買い物に行って選んだものでもない限り、突然プレゼントするのは危険かもしれません。ペアルックやおそろいの雑貨を嫌う男性もいます。また、「自分の好みではないネクタイ」を挙げた男性も多くいらっしゃいました。
  • 【2】おいしくない手作り料理やスイーツ

    おいしくなかったり、自分の口にあわなかったりする手作りの料理やお菓子です。プレゼントが手作り料理や手作り菓子になった途端、女性は「味や見た目よりも頑張った私の努力を評価してほしい」と開き直りがちです。男性側もそれを知っているので、正直に「まずい」「口にあわない」と言うわけにもいきません。とはいえ「おいしい」と言ってしまうとまた食べさせられる可能性もある。味の感想を求めるなんてもってのほか、男性の感想がはっきりしない時は、しばらく料理修行をした方がいいかもしれません。