「男女の友情」を成立させるために必要なこと8パターン

いわゆる「男女の仲」ではないけれど、一緒にいると心地のいい関係。異性の友人には、男同士、女同士の付き合いとは違った良さがあると思います。しかし「男と女」である以上、「友達」としての間柄を持続していくためには、それなりの心構えがなくてはなりません。そこで今回は『スゴレン』読者の男性を対象に「男女の友情を成立させるために必要なこと」というテーマで意見を募集してみました。世の男性が「男女の友情」についてどんなことを考えているのか、参考にしていただければと思います。

  • 【1】異性として良く思われることを意識せず、素の自分をさらけ出して接すること

    「いいところを見せようとして無理をしないこと。どちらかが『異性として良く思われたい』と思い始めると、バランスが崩れる。」(20代男性)、「過去の恋愛の失敗体験みたいな恥ずかしい話を笑って聞いてくれる女の子とは、普通に友達付き合いができる。」(20代男性)など、「素の自分」をさらけ出せる相手とは、友情が成り立つという意見が多く集まりました。ただし「『わたしの足、クサいでしょ!』とブーツの臭いをかがされたときは、さすがに引いた。」(10代男性)というように、赤裸々すぎる振る舞いは、相手を困惑させてしまうので、最低限の節度を守るようにしましょう。
  • 【2】相手の気持ちを試したり、勘違いさせるような行動を慎むこと

    「さっぱりとした友達付き合いをしてきたはずなのに、忙しくてしばらく連絡しなかったら『わたしのことなんてどうでもいいの?』とスネられた。」(20代男性)、「『誰も女として見てくれない。』と泣くので、肩を抱きしめたら心外そうにされた。」(10代男性)というように、「友達」以上の期待をにおわせる態度は、相手を動揺させるだけでなく、せっかく築いてきた関係まで壊してしまいかねません。「バイト先にお客さんとして現れて『いつもこの人がお世話になってます。』と店長にあいさつされた。彼女でもないのに!」(10代男性)など、第三者に誤解されるような振る舞いも禁物です。