「もしかして彼氏ができた?」と勘違いされてしまう行動9パターン


素敵な男性との出会いを待っているにもかかわらず、日常のなにげない行動によって「彼氏ができたんだ」と勘違いされるケースはよくあることです。それが本当なら良いことですが、単なる誤解だった場合、新たな出会いのチャンスを減らしてしまう可能性も。そこで今回は、オトメスゴレン読者の女性へ向けた調査の結果を参考に、「『もしかして彼氏ができた?』と勘違いされてしまう行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】飲み会の1次会だけで帰るとき

    サークルや職場の飲み会から、そそくさと姿を消すようになるパターンです。「いつもはオールで朝まで飲んでいた女子が、1次会だけ付き合って帰ってしまったとき。絶対彼氏ができたと思う!」(20代女性)という意見のように、行動パターンに明らかな変化があると、身近な人たちは勘ぐってしまうようです。理由があって早く帰るときは、キチンと説明してから帰宅すれば、余計な勘違いをされずに済むでしょう。

  • 【2】遊びの誘いを断るようになったとき

    友人からの誘いを断りがちになるパターンです。「女友達に遊びを断られると、もっと大事な人との予定があるの?と思う」(10代女性)という意見のほか、「男友達との会話に入ろうとしなくなったとき。誘われるのを避けている気がする」(20代女性)など、男性との接触を避けるような行動も、恋人の存在を匂わせるようです。せっかくの誘いを断るときは、事情を話した方がいいでしょう。

  • 【3】ひんぱんに携帯をチェックしているとき

    特別な理由もなく、やたらと携帯を気にしてしまうパターンです。「携帯をいつも見える場所において、着信をチェックしまくっているとき。一緒にいても、意識がここにない感じ」(20代女性)、「気がつくと、いつもメールを打ってる」(10代女性)など、携帯チェックの頻度が高くなると、よほど大切な人からの連絡を待っているんだと思われるようです。友人といるときは、目の前の人とのコミュニケーションに集中した方がいいでしょう。

  • 【4】メールのやり取りが減ったとき

    友人たちとの何気ないメールのやり取りが、突然減ってしまうパターンです。「定期的にやり取りしていた近況報告的なメールがぷつっと来なくなる」(20代女性)、「メールの返信が遅くなったり、内容がすごい短文で絵文字も少ない手抜きメールだったとき」(20代女性)など、メールの頻度だけでなく、内容が薄くなると、何か「それどころじゃない」感として伝わってしまうようです。わずかな手間を惜しんで、友情にヒビを入れないように注意した方がよさそうです。

  • 【5】ファッションやメイクを急に変えたとき

    服装やメイクの方向性が、急激に変わるパターンです。「服とか髪型に、明らかに気合が入り始めたとき。突然かわいくなる」(20代女性)という意見のように、オシャレへの意識が突然高まると、その理由を深読みされてしまうようです。また、「すごいギャルだった女子が、いきなり黒髪の清楚系になったとき。彼氏の好み?と思う」(10代女性)など、ファッションのポリシーに変化があった場合も、背後に男性の存在を感じさせるようです。

  • 【6】肌つやがよくなったとき

    スキンケアが念入りになり、肌つやがよくなるパターンです。「友達に彼氏ができると、明らかに肌つやがよくなる。充実してる!って感じが伝わる」(20代女性)、「仕事で疲れてるハズなのに、やけに肌がきれいになる。いつもほんのり上機嫌で笑顔をキープ」(30代女性)など素肌のコンディションがよくなると、恋愛が充実していると感じ取られるようです。

  • 【7】通話定額制の携帯キャリアに乗り換えたとき

    同キャリア同士なら無料通話ができるキャリアに乗り換えるパターンです。「毎晩長電話したい相手ができたんだろうなー、と思う」(20代女性)、「10年以上使っていたキャリアから離れるのはよほどの理由があるはず」(30代女性)など、単なる機種変更以上に、キャリアの乗り換えにはインパクトがあるようです。普通の携帯からスマートフォンへの乗り換えなら、キャリア変更もさほど不自然に思われないかもしれません。

  • 【8】メールアドレスが変わったとき

    突然メールアドレスを変更するパターンです。「普段あまりメアドを変えない女子の場合は、なにか理由がありそう」(10代女性)という意見のように、変更する頻度が少ない人ほど理由が深読みされてしまうもよう。「変更したアドレスに男性の名前が入ってたりするとバレバレ」(20代女性)など、メールアドレスの内容にも気を配った方がよさそうです。

  • 【9】「出会いがない!」と言わなくなったとき

    それまでは定番だった恋愛トークをしなくなるパターンです。「恋バナになると、?モテない??出会いがない?とグチるのが定番だったのに、その話題に乗ってこなくなる」(20代女性)、「恋愛話になった途端、発言の数が減る」(20代女性)など、恋愛話に消極的になると、逆に恋人の存在を感じさせるようです。あまりに自分の情報を出さないのも、余計な勘違いを生んでしまうのかもしれません。

身近な人々は、些細な行動からも恋人ができたのでは?と感じてしまうようです。今回紹介した項目以外にも、「彼氏ができた?と勘違いされる行動」があれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock