「もしかして彼氏ができた?」と勘違いされてしまう行動9パターン


素敵な男性との出会いを待っているにもかかわらず、日常のなにげない行動によって「彼氏ができたんだ」と勘違いされるケースはよくあることです。それが本当なら良いことですが、単なる誤解だった場合、新たな出会いのチャンスを減らしてしまう可能性も。そこで今回は、オトメスゴレン読者の女性へ向けた調査の結果を参考に、「『もしかして彼氏ができた?』と勘違いされてしまう行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】飲み会の1次会だけで帰るとき

    サークルや職場の飲み会から、そそくさと姿を消すようになるパターンです。「いつもはオールで朝まで飲んでいた女子が、1次会だけ付き合って帰ってしまったとき。絶対彼氏ができたと思う!」(20代女性)という意見のように、行動パターンに明らかな変化があると、身近な人たちは勘ぐってしまうようです。理由があって早く帰るときは、キチンと説明してから帰宅すれば、余計な勘違いをされずに済むでしょう。