社内恋愛中の彼女に「職場では控えてほしいこと」8パターン

大好きな彼氏と、仕事中もプライベートも、ずっと一緒にいられる。みんなにバレそうでバレない関係を、ひそかに楽しむ。社内恋愛には、独特のスリルや喜びがあると思います。しかし、あたりまえですが、会社とは「仕事をするための場所」なので、やましいことがなくても、それなりに気を使う必要があるのは事実です。そこで今回は『スゴレン』読者の男性を対象に「社内恋愛中の彼女に『控えてほしいこと』」というテーマで意見を聞いてみました。男性たちの本音をご覧ください。

  • 【1】「下の名前で呼ぶ」など、社内で親しげな雰囲気をにおわせる。

    「会社ではただの先輩・後輩なので、ほかの社員の手前、タメ口をきいたりしないで!」(20代男性)、「女性が少ないうちの職場で関係がバレると、メンバーの士気に関わります。そっけないぐらいの接し方がちょうどいいです。」(30代男性)など、ふたりの親密さをにおわせるような行動を慎んでほしいという意見です。「飲み会の席で、うっかり『○○、お財布落ちそうだよ!』とぼくの下の名前を呼んでしまった彼女。あとはからかわれて大変でした。」(20代男性)といった例もあるので、オフィス以外の場でも気を抜けません。
  • 【2】上司や同僚に恋愛相談をする。

    「恋バナが好きなのはわかるけど、尾ひれがついて噂が広まるとロクなことがないので、社内の女性には相談しないで!」(20代男性)、「結婚話も出ていないのに、上司の耳に入れるのは早すぎる。」(30代男性)など、職場の人に相談することを好ましく思わない男性は多いようです。なかには「彼女とは違う階で働いているが、隣の課にいる彼女の友人を通じて、職場での行動が全部筒抜け!監視されているみたいで落ち着かない。」(20代男性)という愚痴もあり、恋の話を誰かに聞いてほしい女性との気持ちの温度差を感じます。