初対面の男性に女性らしい「上品さ」を感じさせる振る舞い9パターン

男性に好印象を与えるポイントの一つが、“上品さ”といえるでしょう。下品な行動をする女性は、魅力的には見えないものです。では、どんな行動やしぐさが「品があるなぁ」と感じさせるのでしょうか? そこで、今回は『スゴレン』の男性読者に、女性の品がある振る舞いについて聞いてみました。その結果を紹介しましょう。

  • 【1】どんな相手に対しても、丁寧な言葉遣いで話す。

    言葉遣いは、上品さを左右する重要な要素といえそうです。仕事の場面ではもちろん、親しい友人たちと遊んでいるときなど、ふとしたときに出る言葉が丁寧で女性らしいと、男性の評価がグッと上がる可能性が高いといえます。ただ、意識しすぎると会話がぎこちなくなってしまうので、「ウマい」を「おいしい」と言うなど、下品になりやすい単語を注意することから始めるといいでしょう。
  • 【2】「おはようございます」や「いただきます」など、しっかりと挨拶をする。

    挨拶はすべての始まりですから、しっかりと行うことで好感度が上がる可能性が高いです。また、品やマナーの有無が垣間見える部分でもあるようです。挨拶をせずにご飯を食べ始めたり、急に仕事場に入ってきたりする行動には、まったく品を感じられないので、挨拶を欠かさないことが重要です。ただ、「あざーっす」「ごちそーさん」などの崩れた言い方は、挨拶しても逆に下品に聞こえてしまうので、避けた方がいいでしょう。