後輩女子にドキッ!男が喜ぶ「年下女性からのアプローチ」9パターン

年上の男性に好意を抱く女性は多いものですが、先輩・後輩という上下関係があったり、そもそも恋愛対象にならないかも・・・という気後れがあったりして、なかなか上手くアプローチできない人も多いようです。しかし、年下という立場を上手くアピールすることで、年上男性の心を開かせる方法もあるはず。そこで今回は、スゴレン読者の男性へ向けて調査を実施しました。その結果を参考に、「年下の女の子から言われて『ドキッ』とした一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「先輩!」

    ありふれた言葉ながら、無類の破壊力を秘めている万能な一言です。「自分のアダ名に?先輩?を付けて呼ばれるだけでグッとくる」(10代男性)など、多くの年上男性にとって「センパイ」という単語には特別な重みがあるようです。あらゆるシチュエーションで使える点も高ポイントだと言えそうです。
  • 【2】「名前で呼んでくださいね」

    単なる先輩・後輩の枠を超えて、もっと仲良くなりたいことを積極的にアピールする一言です。あくまでも先輩の立場を立てつつ、下の名前で呼んで貰うことで「もっと気軽に接してくださいね」という意図を伝えることができるようです。ただし、年上の男性が照れて、名前で呼ぶことを拒否する可能性もあります。断られても明るく振る舞う心構えが必要となるでしょう。