「彼女が会ってくれない…」恋人の愛を感じなくなった瞬間8パターン

  • 【7】彼氏という存在を都合よく利用している。

    「飲んで遅くなったら何時だろうと呼び出される。俺はただの運転手か?」(20代男性)、「なにかにつけて、『彼氏は都心にマンションを持ってて・・・』と説明しているらしい。もしかしてマンションが目的?」というように、男性が「都合のいい男」だと思われることをおそれているケースです。相手の技能やスペックを利用しているつもりがなくても、結果的にそれを目当てにしているような形になることは、少なからずあると思います。普段の態度や言動から、無意識のうちににじみ出ていないかどうか、気をつけるようにしましょう。
  • 【8】会うことを面倒がる。

    「休みのはずなのに連絡もくれない。」(10代男性)、「眠いとか疲れたとか、誘いを断る理由があいまい。」(20代男性)、「メシでも行こうとメールしたら、『めんどくさい。』と即レス。」(30代男性)など、たくさんの不満の声が寄せられました。どうやら男性には、「好きなら、少しぐらいのことは我慢しても会いにきてくれるはず。」(20代男性)と期待する気持ちがあるようです。事情によっては、せめて誠実に説明する努力を怠らなければ、賢い彼氏なら「会いたくても会えない理由」を理解してくれるに違いありません。

身に覚えのある意見はありましたか?相手の男性のキャラクターや、ふたりの関係によって、ほかにもさまざまな「愛がなくなったと感じさせる態度」があると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock