下心のある男性の上手なかわし方7パターン

  • 【5】誘いに気付いていないフリをし続ける

    先輩や上司といったハッキリ断りづらい相手の誘いに対し、ひたすら「鈍いフリ」をし続けることで、波風を立てずにうやむやにします。「どう誘われても?そーなんですかー?と社交辞令として受け流す」(20代女性)とするなど、根気と演技力が問われるものの、とにかく無難に相手をかわしたいときには有効です。