気をつけたい! 海デートの失敗9パターン

上着を脱いで、身も心も開放的になれる海デート。夏の間に、恋人と一度は行きたいと思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、浮かれ過ぎると思わぬ失敗をしでかしてしまうことも・・・。そこで今回は、「気をつけたい! 海デートの失敗9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】除毛処理が甘く、炎天下でムダ毛が目立った。

    「脇が甘い」ゆえに、恥をかくパターンです。砂浜という半裸で勝負する土俵では、一本の毛のゆるみが致命的なマイナスイメージに繋がる恐れがあります。前夜にムダ毛を処理しても、数本は寝ている間に日の目を見るほど成長しているものです。決して気を抜かず、ムダ毛の手入れをしましょう!
  • 【2】ビキニの胸元がスカスカで身動きがとりにくかった。

    見栄を張って買ったビキニに、裏切られるパターンです。デパートの試着室ではギリギリ着られたとしても、水の重さや波の衝撃を計算し忘れると、当日に思わぬ「ポロリ」を招きます。事前に風呂場でビキニの耐久性をシミュレーションしておくと良いでしょう。