男性がドキッとするスキンシップ8パターン

気になる男性に、ちょっとしたスキンシップを仕掛けることで、もっと仲良くなれたら。そう思っている女性は、少なくないはずです。とはいえ、控えめにしすぎたら気づいてもらえないかもしれないし、やりすぎると逆効果になる可能性もあり、どんなスキンシップが「効果的」なのか、迷うことも多いと思います。そこで今回は、『スゴレン』読者の男性たちから、意見を大募集!「男性がドキッとするのは、どんなスキンシップ?」というテーマで、男性の本音の声を集めてみました。

  • 【1】服を引っ張る

    「『ちょっと待ってよー!』と言いながら服を引っ張られるとドキッ。」(20代男性)、「服をツンツンするしぐさが、『女の子っぽいなあ』と萌える。」(30代男性)など、女性から呼び止められた状況について多くの意見が寄せられました。「なれなれしくできるほどの間柄ではないが、できればもう少し仲良くなりたい」という微妙な距離感にあるとき、さりげなく親しみを表現する方法として、気軽にできるスキンシップです。
  • 【2】頭を触る

    「『よしよし』と頭をポンポンされると、甘えていいのかな?と思う。」(20代男性)、「仕事で契約を取ったとき、女の先輩から頭をなでられた。不意打ちに大テレ。」(20代男性)など、頭部に触れられることで子どもっぽい気分になる男性は少なくないようです。「髪に付いたゴミを取ってくれる女の子は、自分に好意があると思って間違いない。」(20代男性)という自信たっぷりの意見もあるので、誤解されたくない場合には注意しましょう。