デートの予定が合わない…日程が合わず面倒になったときの一言8パターン

積極的にアプローチされていた男性とデートの約束をして日程を調整しているとき、お互いの日程が合わず、面倒になってしまったことのある方もいらっしゃると思います。テンションも下がり、断りたい気持ちになってきたとき、男性に対してどのように伝えれば良いのでしょうか。そこで今回、日程が合わないとき、スムーズにお断りできるように、「日程が合わなくてデートが面倒になったときの一言8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「日程が合わないから、また今度にしようか。」

    日程が合わない状況を客観的に解説するパターンです。「日程が合わない」という現状について改めて解説することで、男性に納得してもらえる可能性があります。「また今度にしようか。」という一言を伝えるだけでは、冷たい印象を与えてしまう恐れがありますが、理由があることで、多少は温かみのある表現となるでしょう。