男性が「好きな人との両想い」を確信する瞬間9パターン

  • 【8】両思いを確信する瞬間:長話を中断しようとせず、いつまでも話し込んでしまったとき

    「ちょっと立ち話のつもりが、気が付けば終電間際まで話し込み、帰宅後もメールでやりとり。ただの友だちだった彼女と、深いつながりを感じた夜でした。」(20代男性)、「自分だけが引き止めているのではなく、相手ももっと話していたいというそぶりを見せたので、お互いに『ずっと一緒にいたい』のだと確信。」(20代男性)というように、いくら話しても話足りない、両思いを連想させ恋の始まりの高揚感を、彼女と共有した体験談が多く寄せられました。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)