男性が「好きな人との両想い」を確信する瞬間9パターン

  • 【4】両思いを確信する瞬間: 特別な呼び方をされたとき

    「ある日を境に下の名前で呼んでくれるようになり、彼女との距離が近くなったのを感じた。」(20代男性)、「『苗字じゃなくて、何か呼び方を決めていい?』と言われて、彼女のほうから一歩踏み出そうとしているのがわかった。」(10代男性)など、ほかのみんなとは違う呼び方をされたとき、自分への特別な気持ちやお互いが両思いではないかということを意識するという声が多くありました。苗字ではなく名前で呼んだり、ふたりの間だけで通じる秘密のあだ名を決めることは、たしかに「ただの友人ではない」という意思表示のようにも思われます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)