男性が「好きな人との両想い」を確信する瞬間9パターン


気になる相手が自分をどう思っているのか意識している段階において、「もしかして、両思い!?」と感じる瞬間ほど、うれしいものはありません。また、女の子のほうが「わたしもあなたのことが好きだよ。」とアピールしているつもりでも、男性がちょっと鈍感で、なかなか気づいてくれないということもあると思います。そこで今回は、『スゴレン』読者の男性に対し、アンケートを実施。「女の子に対して『両思いだ!』と感じる瞬間」について、調査した結果をご紹介します。

  • 【1】よく目が合うとき

    非常に多かった意見です。「一日に何回も目が合ったとき。」(10代男性)、「遠くにいるのに目が合うと、『目で追ってくれているのかも』と思います。」(20代男性)など、目が合う頻度や状況が普通ではない場合、「もしかして」と感じることが多いようです。さらに、「真剣なまなざしでこっちを見つめていたので。」(20代男性)というように、瞳に浮かんだ表情から、特別な思いを察するケースも少なくなさそうです。