ギャルのギャップにときめく瞬間9パターン


異性にモテるために必要不可欠な二大要素といえば、個性とギャップ。その点、見た目が派手なギャル系の女性は、ただでさえ個性的なので上手くギャップを演出することができれば鬼に金棒です。そこで今回は、『スゴレン』読者の男性に対し、アンケートを実施。「ギャルのギャップにときめく瞬間」について、調査した結果をご紹介します。

  • 【1】すっぴんの顔を見たとき

    盛った顔と真実の顔の違いを目の当たりにして、二度おいしい気分になるパターンです。具体的には、「彼女はメイクをとると顔も性格も別人のようになるから、恋人がふたりいるような気分になる」(10代男性)というお得感や、「ギャルのすっぴんを見るのは、ハダカを見る行為に等しい」(20代男性)というレア感を好む男性が多いようです。ぜひ、好きな人の前では無防備な顔をさらけ出してください。

  • 【2】チラ見えした下着が白だったとき

    「遊んでそう」という第一印象を鮮やかに覆されるパターンです。「派手なファッションをしているのに胸元から白い下着が見えたとき、『え、実は清楚なの?』って思う」(20代男性)という意見があるように、男性は下着の色で女性の本性を判断する傾向があるようです。明日からは、お出かけ前に下着チェックの習慣を!

  • 【3】親に帰宅時間を連絡しているとき

    意外としっかりしている一面を垣間見て、見直してしまうパターンです。とくに、「口では『親はウザイ』と言いつつ、ちゃんとメールで帰る時間を連絡しているとき」(20代男性)など、家族を大切にする行為が良いギャップとして認識されるようです。不良疑惑を晴らしたいなら、家族愛に言及することがマストだといえるでしょう。

  • 【4】手料理がおいしかったとき

    女の子っぽい趣味や家庭的な一面に意外性を感じるパターンです。具体的には「手料理がおいしかったとき」、「部屋の掃除をしてくれたとき」、「ファストフード店のクーポンを持っていたとき」など、家事・節約などに関する行動で良い印象を与えることができるようです。

  • 【5】言葉づかいが丁寧だったとき

    サークルや仕事に励むギャルにはしっかり者が多いですが、一般的にはその事実を知らない人が多いようです。だからこそ、今回は「ちゃんと敬語を使われて驚いた」という意見が多く寄せられました。話すだけで好印象を持たれるのですから、ぜひ普段から丁寧に話してください。

  • 【6】恥ずかしそうな素振りを見たとき

    自己主張が強いギャルの、しおらしい一面にグッとくるパターンです。「普段は『別に・・・』とか言っているギャルの容姿を褒めたら、恥ずかしそうに照れていた。意外と素直でかわいいなと思った」(10代男性)という意見があったように、やはりツンデレ的な瞬間を好む男性が多いようです。

  • 【7】ヲタク系の趣味を持っていたとき

    メジャー志向で流行を追っていそうなギャルの、ヲタな一面に驚くパターンです。「カラオケでアニソンを歌っているとき」(10代男性)や「コスプレが趣味だったとき」(20代男性)など、秋葉原のエッセンスを柔軟に取り入れているギャルに、奥行きを感じてしまう男性もいるようです。

  • 【8】お年寄りに親切だったとき

    「ギャル=不親切」。これほど浅はかな偏見はありませんが、それでもギャルの親切な行動は他人に強く記憶されるようです。なかでも「電車でお年寄りに席をゆずっているギャルを見てから、ギャルを見る目が変わった」(10代男性)というのが代表的な意見。普段の物怖じしない性格を、親切な行為でも発揮できることを世間に見せつけてやりましょう。

  • 【9】仕事や勉強に一生懸命なとき

    面倒くさいことは嫌いだけど、ヤルときはヤルというギャルの緩急に惚れてしまうパターンです。具体的には「普段はダルそうにしているのに、意外と仕事には一生懸命取り組んでいるとき」(20代男性)や、「授業を真剣に聞いているとき。目を疑った」(10代男性)という意見がありました。不良男子のスポ根ドラマが人気を集めるのも同じ理由ではないでしょうか。

ちょっと偏見っぽい意見もありましたが、やはり見た目のイメージと反対のギャルの言動に男性はときめくようです。おそらくひとつでも効果は抜群なので、ぜひ試してみてください。また、他にはギャルがどんなギャップを演出したら、男性がときめくと思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock