彼氏を親に紹介したいときの「切り出し方」8パターン

結婚を視野に入れてお付き合いしている彼氏。タイミングを見計らって、両親に紹介する必要があります。しかし実際に、彼氏を紹介するときにどのように切り出せば良いのか分からずに戸惑っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回、スムーズに彼氏の紹介ができるように、「両親に彼氏を紹介したいときの切り出し方8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「会って欲しい人がいるんだけど。」

    単刀直入に、両親に申し出るパターンです。一方的に会うことを押し付けることなく、両親に会うことを打診する形となります。ただし、ちょっと重い雰囲気となる恐れがあるので、まだ結婚を考えてない彼氏を紹介するときには控えた方が良いかもしれません。
  • 【2】「彼を家の夕食にさそってもいい?」

    自宅での食事に、彼氏を呼ぶことを提案するパターンです。重苦しい言い回しではないので、結婚までは考えていないが、ひとまず彼氏を紹介したい場合には、有効な表現でしょう。ただし、両親が自宅での食事会にプレッシャーを感じ、「まずは外で食事をしよう。」と言われる可能性があるので、両親のリアクションに応じて、柔軟に対応する必要があるでしょう。